カードローンの借り換えは金利何%から考えるべきか?

カードローンの借り換えをするなら金利の負担が軽くないと意味が無い

20160614113537当サイトではカードローンの借り換えに関する情報をあれこれとご紹介していますが、カードローンの借り換えを検討するには具体的に何%からが適当なのかを考えてみたいと思います。
カードローンやキャッシングなど、いわゆる個人向けの無担保融資でお金を借りている場合、金利はどうしても高めに設定されてしまいます。

大手の消費者金融の場合だと4%前後~18%、街中の貸金業者(いわゆる街金融)だと15%~20%というのが大体の相場です。クレジットカードのキャッシング枠を利用する際は手数料という名目になりますが、利率に直せば15%~18%というのが一般的なラインです。

これらの金利には幅がありますから、実際に自分がどの利率で借りているのかを確かめる必要があります。

例えば消費者金融=金利が高いという認識を持っている人がほとんどですが、消費者金融だって下限利率付近で借りているのであれば4%前後という、個人向け無担保融資としてはかなりの低金利で借りていることになりますからそうそう借り換えをする必要はなくなります。むしろ、借り換えをしないほうが良いというケースの方が多いかもしれません。

金利が15%を超えていれば借り換えを検討する余地がある

20160614113738そうは言っても、実際に消費者金融から借りている人で4%前後という利率で借りている人はあまりいないかもしれません。多くの人は最初に30万円前後の限度額が設定されてそのままだったりします。真面目に返済をしていれば限度額の増額も利率の見直し(引き下げ)もしてくれますが、そもそも順調に返済ができている人は新たに借入をすることを避けますからあまり意味のないことになっています。

どうしても借入を続けないとならない状況にある人の場合は、借入をしつつ、返済もしつつという状況になり、借入額が限度額に近づいてくると不安になり新たな家計の困窮に備えるわけです。

こうした人の中で利率が一定以上で借りている人はカードローンの借り換えを検討する余地が大きいといえます。一定といいましたが、具体的には15%あたりが一つの基準になります。なぜなら多くの銀行カードローンが上限利率を14%~15%に設定しているからです。上限利率が15%ですからどんなに高くてもそれ以上の金利をとられる心配はありません。もちろん、現状で15%の利率の人が再び15%では意味がありませんが、借り換えを検討するようなケースでは、多くの場合は借り入れ額が100万円前後、あるいはそれ以上に膨らんでしまっているはずで、そのような状況であれば、銀行カードローンの利率でも12%~13%程度にまで下げる事が可能になってきます。

さらに、当サイトでおすすめしているみずほ銀行カードローンに100万円の借り換えができれば一気に12%にまで利率を引き下げることも理論上は可能になってきます。
⇒みずほ銀行カードローンはこちら

借り換え先の金利を見る際には必ず上限金利を見ることが重要

借入額も相当あるし、利率も見なおしてみたらどこも15%以上、よし、借り換えをしよう!

と思った人、最後に注意事項があります。

それは、上限金利を必ずチェックしておくこと。

例えばジャパンネット銀行のカードローン『ネットキャッシング』の場合、低い方の金利は1.8%ですが、高い方の金利は18%です。つまり、借り換えする額によっては、18%での借り入れになる可能性があるということです。

消費者金融などの貸金業者から長年借り入れていて利率が15%程度にまで下がっている人が、ジャパンネット銀行から借りたらちょっとしか枠がもらえず、しかも18%の金利になってしまったなんていうこともあながちない話ではありません。こうなると借り換えは失敗です。

借り換えが成功するには金利が低くならなければなりません。自分が借り換えをするとして、どの程度のお金を借り入れてどの程度の利率になるかはやってみないとわからないところですから少なくとも金利は最高でも15%程度のところにしておいたほうが無難です。

借金を申し込みしただけで履歴が残る

もう一点、

細かいことはわからないけどダメ元で申し込んでみる

というのもあまり感心しません。なぜなら、こうした借金情報は、申し込みをしただけで個人信用情報機関に履歴が登録されてしまいます。

この人はいつ、どの金融機関に借金の申し込みをした

という情報が残ってしまうわけです。あちこちに借金の申し込みをしていると、それだけ借金に対する意識が低い人というレッテルを貼られやすくなります。

この人は簡単にあちこちの金融機関に借金の申し込みをしているな

と思われると良いことはありません。ルーズな印象をもたれ、審査もなかなか通りにくくなってしまいます。
適当に申し込んだけど金利もあまり低くならなかったんでもう一社・・・というのは後々借り換えがしにくくなる可能性があるので注意が必要です。

3社から140万円のカードローンの借り入れを借り換えできるか?

Q
カードローンの借り換えを検討しています。現在、3社から総額で140万円ちょっとの借り入れがあります。アコムやプロミスといった大手消費者金融や中小の消費者金融から借り入れていますが、これらの借金を借り換えできるでしょうか?

A
カードローンの借り換えをするにはいくつかのポイントがあります。現状よりも金利が低くなること、安定して収入を得ていること(できれば正社員として)、過去延滞をしていないことなどがそうですが、一つ外せない条件に借入件数が4社未満であるという点が挙げられます。

今では多くの銀行や消費者金融でお試しシミュレーションなどを試せますのでそうしたシミュレーションを利用してみればわかりますが、どこも他社借入が3社までは融資可能なんですが、4社になった途端に結果の回答が変わってきます。

他社借り入れ3社までの場合の回答
『基本的にご融資可能です。』
といったポジティブな回答。

他社借入件数4社以上の場合
『現段階では判断できかねます。』
といったちょっと逃げの入った回答。

他社借り入れが4社というのは実は何年も前からの融資可否判定の一つの分かれ目でした。3社までならすんなり借り入れできても4社目からは途端に厳しくなるということです。借入額なども利用する側からしたら気になるものですが、借入額云々よりも借り入れ件数がより重視されるようです。

現状3社からの借り入れであれば、年収条件にもよりますがかなり希望は持てるといえます。
借り換えをするなら銀行のカードローンやおまとめローンが選択肢になります。

カードローン借り換えで考慮すべきメリット・デメリット

20160509102954現在、カードローン借り換えに使える融資商品はいろいろな消費者金融や銀行がラインナップしています。その中で借り換えに適しているのはどんな商品なのかは今現在契約しているカードローンによって選択肢が変わってくるので注意が必要です。

最低限チェックすべきところは金利ですね。
カードローンを借り換えするのであれば、金利が現在よりも低くならなければ経済的なメリットはありません。借り換えをする前段階では返済条件や返済方式を他のものに変更することで多少は借り換えする意味もありますが、メリットとしては比較的小さいものです。とにかく、借り換えをするには一にも二にも金利なのです。

しかし、実際に借り入れをしている人の話を聞いてみると、今現在借り入れをしているカードローンの金利がいくらなのかを把握できていない人が大勢いらっしゃいます。言うまでもありませんが金利の負担が大きければそれだけ返済額も多額になります。最低限、金利がいくらなのかを把握するようにはしましょう。

大まかに言うならば銀行カードローン

金利が今いくらかを正確に把握してなくても、もしも今借り入れしているのが消費者金融からであれば、借り換えをすることで金利負担を軽くしてやれる可能性があります。
一般的に、消費者金融の金利帯は4%前後~18%となっており、銀行カードローンの4%前後~15%前後の金利帯と比べると高めの設定になっていることが多いからです。
言い換えれば、消費者金融からの借り入れを銀行カードローンに変えてやる方向で検討すれば、借り換えするメリットは受けられる可能性が高いということです。

繰り上げ返済も視野に

返済をしていくと、なかなか残高が減らないことにイライラするかもしれません。そういう場合に大切なのは繰り上げ返済ができるかどうかです。
もっとも、繰り上げ返済ができないようなカードローンはほとんどありませんので、カードローンのスペックとして繰り上げ返済があるかどうかはさほど気にする必要はありませんが、繰り上げ返済しやすいかどうかという点は考慮しておく必要があります。例えば地方の金融機関で提携ATMが少ないような場合だと繰り上げ返済しようにもなかなかできないというケースも考えられます。

返済金額を減らせる利点もあるが注意点も

カードローン借り換えをする際の一番大きな利点は返済額を減らせることです。金利が安くなるわけですから返済額は減ります。ただし、注意点もあります。
仮に、返済期間が同じであれば、金利が低くなる分だけ返済額も減らせることになりますが、返済期間が短くなると、その分だけ返済額が増えることもありえます。もちろんその場合は返済期間は短くなるのでトータルでの返済額は減ってはいるのですが月々の払いが厳しくなるとお得感も減少します。家計に自信がなければ返済期間を短くするのはやめておいた方が無難でしょう。ちなみにいくら返済額が減るかについては銀行カードローンのページなどでシミュレーションできたりもしますから確認してみてください。

知名度は業者選びの重要な要素

カードローンの借り換えで一番重要なことは金利だと申し上げましたが、そこのみに神経が集中してしまうと、名前も聞いたことのない中小・零細の貸金業者の広告に目が行く場合もあります。
世の中にはたくさんの貸金業者があり、中には正規の届をしていないもぐりの業者もたくさんあります。そういったところは大手消費者金融や銀行をしのぐ低金利で勧誘しておきながら、その後は高額の手数料を課してきたりします。
借り換えするときに限らずですが、基本的にはカードローンは知名度のある、一定規模以上のところから借りるようにしなくてはいけません。

カードローンの借り換えは金利の上限を見る

20160319174346 (2)

カードローンの金利には上限と下限があります。俗に上限金利、下限金利といったりします。

例えば、オリックス銀行のカードローンの場合、

1.7%~17.8%

が利率です。このうち、

1.7%

が下限金利といいます。下の限界の利率という意味ですね。

逆に

17.8%

こちらは上限金利といいます。上の限界の利率であり、これ以上の利率が適用されることはありません。

1.7%と17.8%ではずいぶんと開きがあります。例えば100万円を1.7%で借りた場合の金利は以下の通りです。

1.7%の場合
100万円×1.7%÷12=1417円(1か月の金利)

17.8%の場合
100万円×17.8%÷12=14,833円(1か月の金利)

1417円と14833円。その差は13000円以上。1.7%と17.8%の一か月のみの試算比較ですが、馬鹿にならない金額差です。

そして、多くの人は、カードローンを選ぶ際、下限利率を見て判断します。今回のオリックス銀行の例でいえば1.7%ですね。

しかし、これには注意が必要です。

なぜなら、金利1.7%という利率が適用されるには限度額が上限いっぱいでの契約でないと適用されないからです。
オリックス銀行の場合はいわゆる”枠”と呼ばれる適用限度額によって利率は決まってきます。

【オリックス銀行カードローン金利】

限度額 金利利率
100万円未満 12.0%~17.8%
100万円~150万円以下 6.0%~14.8%
150万円超300万円以下 5.0%~12.8%
300万円超500万円以下 4.5%~8.8%
500万円超700万円以下 3.5%~5.8%
700万円超800万円以下 1.7%~4.8%

利率表を見れば明らかなように、利率1.7%が適用されるのは最高の

700万円超800万円以下

という限度額の場合です。200万円とか300万円では1.7%という金利になることはまずありません。

では、みずほ銀行カードローンの場合はどうかというと、利率は

年3.0%~14.0%

となっています。適用される利率(金利)については審査によって決められますからカードローンを申し込む人が指定することはできませんが、どんなに高くても14.0%の利率であることから、オリックス銀行カードローンよりは低金利で借りられる可能性が高いという見方ができます。借り換え向きと言われるゆえんでもあります。

カードローンの借り換えをするのであればこうしたところまでチェックしてみる必要があります。

そのためには何度も言うように自分の今の総借入額がいくらなのか、金利は何%なのかといった情報を最低限把握しておかなければいけません。100万円借りるのか200万円借りるのかで適用される金利帯はカードローンによって結構変わってくるからです。

ちなみに借入額が400万円を超えるような高額の場合はいきなりその金額を借りることは難しいかもしれません。まずは少額から借り換えを行って限度額の増額を検討していくという長い視点が必要になってきます。

>>借り換えにおすすめなカードローン<<

限度額50万円のカードローンを借り換えするならどこ?

2016022313000650万円の限度額を借り換えするとしたらどこがいいでしょうか?
限度額が50万円というのはカードローンとしてはあまり高額な部類には入りません。というか、まず最初に設定される限度額が30万円とか50万円といわれていますから、初歩の額ということもできます。

逆にいうと、このあたりの限度額では、設定されている金利水準も高めになっているはずです。
消費者金融でいえば18%、銀行カードローンであれば15%あたり。要するに、上限いっぱいの金利水準になっているわけです。

では、この限度額で借り換えを検討するのは無意味でしょうか?

答えはNOです。

確かにあまり借り換えをしても意味がないケースもありえますが、そんなことは検討してみないとわかりません。

消費者金融から借入している場合を例に考えてみましょう。

この場合は先程もいったように金利水準はおそらく18%だろうと思われますから、借り換えを検討することは無意味ではありません。
例えば銀行カードローンの場合、上限金利が15%前後で設定されているところであれば金利が下がることで毎月の負担額が減る可能性が高まります。

みずほ銀行カードローン・・・14.0%
三井住友銀行カードローン・・・14.5%
イオン銀行カードローン・・・13.8%

また、審査のハードルは上がりますがもっと低い金利のカードローンもあります。これらのカードローンはある程度の年収がないと審査通過は難しいといわれています。ちなみに、みずほ銀行も三井住友銀行もイオン銀行も審査によって金利が決定されます。申し込みする側が選ぶことはできません。

これらの銀行を選んで借り換えできれば、メリットはそれなりにあるといえます。

ただし、銀行カードローンに借り換えするなら何でも可というわけではありません。

例えば、ジャパンネット銀行は18%、じぶん銀行も17.5%となっています。これらのカードローンに借り換えても、消費者金融の上限利率である18%とさほど変わりありませんから手間がかかっただけで金利負担は減らずなんてことも充分にあります。

50万円といった金額帯での借り換えを検討している人は充分に注意しましょう。

>>借り換えにおすすめなカードローン<<

マイナス金利とカードローン借り換え~金利は下がるか?

日銀が導入したマイナス金利が大きく話題になっています。

マイナス金利とは
金融機関が日本銀行に持つ当座預金のうち、任意で預けている額について、マイナスの金利をつける政策。手数料を取られる形になる金融機関は、日銀に預けていたお金を企業や個人への貸し出しに回すことが期待され、結果として経済の活性化につながる可能性がある。

朝日新聞より

要するに、銀行など金融機関に対し、「もっとお金を貸し付けなさいよ」といっているようなものなんですね。しかも金利は超低金利ということですから、ニュースでは住宅ローン金利が今以上に下がってきたという話が報道され始めています。

そういうことから推測すると、カードローンやキャッシングの金利も低くなるのではないかという見立てが出てきます。銀行にしても消費者金融にしても、融資に回すお金が調達しやすい環境になりますから、その分、金利も低く設定し直すというのはありえない話ではありません。

もしそのような展開になると、今、金利の負担に苦しんでいるカードローンユーザーも借り換えをすることなく返済額を減らせるかもしれません。
仮に18%で借りていたものが金利の見直しが入ることで16%くらいにまで利率が下げられると、借金している額によっては如実にメリットを感じるはずです。まさに借り換えをするようなメリットが何もしなくても受けられるかもしれないわけです。

しかし!

実際にはなかなか難しいというのが専門家の見方です。
なぜならば日銀のマイナス金利政策によって銀行は今以上に低金利で融資をしなければなりません。当然、その分収益性が下がることも可能性としては少なからずあります。
そういう状況の中で、カードローンの金利というのは比較的”おいしい”金利となっているので、そうそう下げることはないだろうということです。

もちろん、まったく下げないとも言い切れませんが、少なくともカードローンの借り換えが成功した時のような金利の低下は期待しない方が良いようです。

それに、カードローンなどの無担保の個人向けローンの金利を下げて借りやすい状況を作ってしまうと、また多重債務者が急増する可能性があります。
多重債務者の問題は社会問題となり、その後の過払い訴訟などへとつながっていきましたから、やはり基準金利を闇雲に下げることには金融機関側は抵抗があるかもしれません。

そういうことを考えると、今のところはカードローンの金利負担を軽くするには借り換えが良いようです。

こまった

借り換えに失敗して借金が増えることも

カードローンなどの借金を複数抱えてしまい、どうにも返済がきつくなってくると新たな借入先を探すことになります。
やむをえない理由で借金している分には仕方のないことですが、借金を繰り返して消費者金融や信販会社など、複数の金融機関のカードローンを利用しているような場合、圧倒的に多いのが

生活上の収支がマイナスになってしまっている

というケースです。

syuusi

借り換えをすることで金利負担を少なくすることは可能です。特に、街金とよばれる中小、零細の消費者金融から大手の消費者金融や銀行のカードローンに借り換えた場合はその軽減分も大きな額になり負担感も少なくなるでしょう。

ただし、重要なのは家計収支です。
カードローンの借り換えをすることで家計の収支がマイナスからプラスに転じるのであれば多いに借り換えをする意味はあります。楽ではないかもしれませんが、やがて借金はゼロになるはずです。

しかし、多重債務に陥っている人の場合、原因は浪費癖にある場合が少なくないのです。

“あるだけ使ってしまう”

という人の場合は、カードローン借り換えによって金利を減らしたところで焼石に水状態で、そのうち行き詰ってしまうことも少なくありません。こういうケースは借り換えしても失敗に終わる可能性が高まります。

chousei

利息負担を軽減したいのであれば、借り換え先を探すと同時に、まずは家計収支も把握しましょう。
そして、現在利用しているカードローンやキャッシングの金利の利率はいくらなのか、いつまで返済して利息分は総額でいくらになるのかといったことを把握する必要があります。それを把握したうえで、カードローンの借り換えをしたらどの程度の支出減になるのかを計算する必要があります。

闇金融に注意

もし、借り換えしたくてもできないような状態になったとしても、闇金融にだけは手を出してはいけません。基本的には借り換えするとしたらアコム、プロミス、モビットなど名前の通った大手消費者金融か銀行などに絞るべきで、そこでダメなら基本的な解決策を弁護士などと相談する必要があるかもしれません。

特に気を付けたいのがポストなどに投函されているチラシです。そういったチラシに掲載されている利率は銀行カードローンをしのぐような金利だったりしてまさに借り換えにはもってこいのように見えますが、多くの場合はそれは呼び水的に掲載されているだけでその利率が適用される可能性はほぼ皆無です。

現在、大手銀行のカードローンでも低金利なのは3%前後です。
しかもこの利率も年収条件や同行のサービス利用など高いハードルを越えて限度額が何百万円、場合によっては1000万円といった高額融資でないと適用してくれる利率ではありません。
にもかかわらず、激しいのになると0.3%とか0.5%といった利率を一見さんでも貸しますよと謳っている零細の貸金業者もあります。こうしたチラシは実現が怪しいだけでなく貸金業法違反の可能性すらありますから真に受けてはいけません。

43608256_XS

カードローン借り換えシミュレーション~120万円の借金を借り換えするなら

Q
中小の消費者金融からの借金が約120万円あります。
金利は17%で契約しています。
もっと低金利なカードローンへ借り換えをしたいのですが、どうしたらよいでしょうか?

A
120万で金利17%ですね。

消費者金融としてはありがちな利率だといえます。もちろん金利としては安い部類ではありません。120万円ならば大手の消費者金融に借り換えたとしてももうちょっと安くなるはずです。

例えばアコムの場合100万円~500万円の限度額で契約できた場合、金利は4.70%~15.00%です。
最高でも15%ですから、17%よりは2%の金利削減ができることになります。

今現在借りている消費者金融がどこなのかがわかりませんが、以下に延べる銀行カードローンへの借り換えが不調に終わった場合は大手消費者金融のカードローンへ一括借り換えをするというのも選択肢の一つになってきます。

では、借り換えの本命である銀行カードローンについてです。

例えばみずほ銀行の場合だと、120万円の限度額になると年12.0%が設定される金利になります。

【参考】
みずほ銀行カードローン利率
10万円以上100万円未満 年14.0%
100万円以上200万円未満 年12.0%
200万円以上300万円未満 年9.0%



17%が12%になるわけですから借り換え効果は5%もの金利削減になりますね。
さらに、ちょっと欲張って200万円の限度額で申し込み、もしそれが審査可決となると9.0%の金利になります。いずれにしても17%よりはかなり低くなるのがわかるのでこういったところを狙うと良いのではないでしょうか。

⇒みずほ銀行カードローンはこちら

他ではイオン銀行カードローンもおすすめです。
イオン銀行カードローンだと100万円~200万円以下の限度額で契約すると8.8%~13.8%という金利になっています。
仮にこのあたりの限度額で8.8%の利率が設定されたとするとこれはかなりの低金利です。みずほ銀行で200万円の限度額で契約できても9.0%ということを考えるとそれ以上に低金利になる可能性がありますからこのあたりの限度額で借り換えを考えている人にはまずはイオン銀行やみずほ銀行あたりがねらい目となります。それ以上になってくるとみずほ銀行がさらに低金利になってきますからみずほ銀行がおすすめです。

⇒貸付条件はこちら

カードローン借り換えをやめるべき・避けるべきケース

当サイトはカードローンの借り換え先を探している人に、借り換えに向いていると思われるカードローンをご紹介していますが、中には

『絶対にカードローンの借り換えはやめた方がいい』

というようなケースもあります。該当する場合は決してカードローンの借り換えはしないでください。というと言い過ぎですが、やはりしない方が良いでしょう。

カードローン借り換えをしない方が良いケース

その1
多重債務状態になってからも生活パターンが変わってない

最初にカードローンを利用し始めたときは、誰しもが

『ちょっとだけ』

と思って借りているはずです。にもかかわらず、返済がままならなくなり、あるいは生活費が足りなくなり、2社目、3社目とカードローンの借り入れを増やしている状況は、やはり借金に対する認識が甘いと自覚すべきです。
多重債務状態なのになんら生活上の節約をしていない人、家計の収支状況を把握できてない人、こういうケースはカードローンを借り換えて金利負担が軽くなってもやっぱり返済はままならないはずです。
借り換えを機に家計をしっかりと見直す気持ちがなければ結局は借金が膨らんでいくだけです。

その2
金利の把握ができてない

意外に多いのが自分の借金の金利がいくらなのかを把握してないケースです。この段階では絶対に借り換えをしてはいけません。

例えば、消費者金融3社から30万円ずつ、計90万円の借り入れをしているとしたら、金利はおそらく18%くらいで設定されているはずです。この場合、消費者金融3社90万円を利率15%の銀行カードローン1社90万円にするのであればメリットはあるかもしれません。しかし、たとえば、消費者金融の借金を別の消費者金融に借り換えしても金銭上のメリットはおそらくほぼありません。借り換えたところでやはり18%程度の利率での借入になるからです。こういうケースが意外にあります。

また、銀行カードローンに借り換えるとしても、どこでも良いわけではありません。最高利率が18%前後の銀行カードローンはいくつもあるからです。
こういうことを比較しながら借り換え先を選ばないと手間がかかっただけで金利負担は変わらずなんてことにもなりかねません。借り換えをするならまずは自分が今負担している利率はいくらなのかをよくよく把握しておきましょう。

その3
既に3社以上断られている

借り換えをしようと思っていくつか申し込んではみたものの、立て続けに断られている人。
こういう人も闇雲に借り換えしようとはしない方が良いでしょう。金融機関サイドは情報機関に登録されている個人の信用情報を基に融資の可否を判断しています。
1社、2社くらい断わられた段階なら『そういうこともあるかも』くらいの認識でも良いかもしれませんが、3社、4社と立て続けに断られてしまっていてはおそらく他のどの金融機関でもやっぱり審査は通らないと思うべきです。

また、1か月くらいのうちに3社以上に申し込むと“申し込みブラック”という状況になりかねません。申し込みブラックとは『下手な鉄砲数打ちゃ当たる』的にどんどん複数の金融機関に審査を申込み、金融機関側から敬遠されてしまう状態を指します。融資の申し込み状況も個人信用情報機関に登録されて金融機関が情報共有していますので、あちこちに申し込んでいると「余程困って慎重さを欠いているか、借金を軽く考えるいい加減な人」といった判断をされかねません。

2社程度ならまだしも、3社立て続けに審査に落ちているとしたら明らかな問題があるはずですから4社、5社と申しこんでもおそらく落ちます。そしてその情報がさらに個人信用情報機関に登録されてさらに借りにくくなります。

借り換えが可能なタイミングというものがあります。そのタイミングが過ぎ去っているのであれば、問題解決の道はカードローン借り換えではなく他に求めるべきかもしれません。

禁止


200万円の借金を借り換えるならどのカードローンか?

今回は200万円の借金があると仮定して計算してみます。

200万円の借金と一口にいっても、その内容が重要になってきます。

1.貸金業者から借りたカードローンなのか?

それとも

2.教育ローンやマイカーローンの名目で借りた目的ローンなのか?

たとえば、2の場合は目的がはっきりとしたローンですから、金利も低いはずです。
おそらく5%を超えることはないんじゃないでしょうか?ちょっと調べた限りではマイカーローンも教育ローンも2%~4%あたりが多いようですが、この場合、言うまでもなくカードローンの借り換えといった対応は必要ありません。基本的にこれ以上に金利が低くなりようもないからです。もっとも、みずほ銀行で1000万円の限度額で契約できたならカードローンであっても最低金利で借りれますから金利負担も軽くすることが可能にはなってきます。

必要書類 金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 最大限度額
公式サイトにてご確認ください。 年3.0%〜14.0%
迅速 不要 無料 1,000万円
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。
⇒みずほ銀行カードローンはこちら

では、1.の場合はどうでしょうか?

この場合はカードローンの借り換えによって金利負担がかなり軽くなりえます。

例えば、消費者金融から30万、50万、90万といった限度額で契約して借り入れている場合は金利は18%あたりで契約しているはずです。100万円以下の利率は上限利率になるからです。
そういう場合は借り換えをすることでかなり金利は低くすることができるはずです。

200万円の金利を比較する

限度額200万円で契約した場合の各社の金利を見てみましょう。

【限度額200万円で各社の金利を比較】
みずほ銀行カードローン

貸付条件確認

年9.0%
イオン銀行カードローン

貸付条件確認

年5.8%~11.8%
三井住友銀行カードローン

貸付条件確認

年10.0%~12.0%

金利のみに着目するならみずほ銀行とイオン銀行が候補に挙がってきますね。一番の低金利はイオン銀行に可能性がありますが、11.8%まで可能性があります。
11.8%になるリスクをさけるならば、利率に幅がなく9.0%で固定しているみずほ銀行を選ぶという選択もありでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ