三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの金利が1.8%~に改定

ufj200先月、三菱東京UFJ銀行がカードローン『バンクイック』の金利の見直しをすると発表しました。
三菱東京UFJ銀行は日本でも1,2を争うメガバンクですからそれだけで人気が高いのですが、金利の面だけを比べると、他の銀行カードローンにやや引けをとっていた印象は否めませんでした。そのためカードローン借り換えの候補としては二番手グループといった感があったのですが、状況が変わってきています。

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』の以前の金利水準は4.6%~14.6%です。上限金利の14.6%はともかく、下限金利の4.6%はより低金利で勝負しているネット銀行のカードローンと比べてもやや高めでした。ちなみに以前の銀行カードローンの金利を比較してみると以下のとおりです。

 


銀行(カードローン)名称 利率 限度額最高
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
4.6%~14.6% 500万円
みずほ銀行カードローン 3.0%~14.0% 最大1,000万円
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円
楽天銀行カードローン 1.9%~14.5% 800万円
じぶん銀行カードローン 1.7%~17.5% 800万円

 

表を見ても明らかなように、全国区の銀行のカードローンは下限金利が2%前後~3%あたりに設定していますから、その点から比較すると4.6%というのは高めに感じていたわけですね。まぁ、限度額500万円という点を考慮すると実際には他の銀行と全く同じ金利水準なんですが、パッと見ではなかなか気付けず、『バンクイックは金利がちょっと高め』なんていうイメージを持たれてしまっていたわけです。

しかし、今回の改定で大きく状況が変わっています。

限度額500万円で1.8%の可能性。借り換えに効果的

今回の三菱東京UFJ銀行のバンクイックの金利改定で一番注目されるのが限度額がそのままなのに金利だけ下げられているという点です。
つまり、

500万円を1.8%で借りれる可能性がある

ということになります。

ちなみに、500万円を借りた場合の金利を他行と比較してみると、

 


銀行(カードローン)名称 限度額500万とした場合の利率 適用限度額
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
1.8%~6.1% 400万円超500万円以下
みずほ銀行カードローン 4.5%~5.0% 500万円以上600万円未満
三井住友銀行カードローン 6.0%~7.0% 400万円超500万円以下
楽天銀行カードローン 4.5%~7.8% 500万円以上600万円未満

 

となっており、ダントツでバンクイックの利率が低いことがわかりますね。
500万円の限度額での契約なら問答無用で1.8%という金利が適用されるのかどうかまでは不明ですが、それに近い利率になる可能性は少なからずあるわけで、そうなると他のどの銀行カードローンよりも低金利ということになります。そうであればどの銀行のカードローンも上回る低金利ぶりですから、当然、カードローン借り換えを検討する際には検討すべきカードローンといって良いかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ