カードローンの借り換えに最適なのはココ!

カードローン借り換えとは?疑問に応えます!
カードローンでお金を銀行や消費者金融などの金融機関から借りている場合、利率によってはカードローン借り換えをすることで借り入れ金利や返済の手間を軽減させることができる場合があります。

【すぐに借り換え先を探したい人はこちら】

jumpbot

カードローン借り換えって何?という方もいらっしゃるかもしれませんが、カードローンの借り換えには何か特別な方法や審査があるわけではありません。もちろん専用の申込み窓口があるといったこともありません。ただ、今よりも低金利なローンを探して申し込みをし、審査が通ればそちらに乗り換える(借換える)のみです。

カードローンはマイカーローンなどの目的ローンとちがってフリーローンに分類されます。故に例えばクレジットカードのリボ払いの借り換えなどの用途にも利用可能です。

たとえば、今既に

120万円の借金をカードローンで借り入れている

という場合、金利がいくらかをまずチェックしてください。

120万円をカードローンから借り入れしているといっても、限度額がいくらなのかによって、適用される金利は随分と違ってきます。

もしあなたが限度額800万円のカードローンを利用して120万円を借り入れているのであれば、おそらく日本中どこのカードローンに借り換えても、金利は低くなりません。
限度額800万円のカードローンということは、金利もすでに住宅ローンに近い水準の低金利になっているはずです。フリーローンであるカードローンでこのような低金利になるのは実は低金利政策の恩恵もあると言って良いでしょう。

では金利18%で借りている場合はどうでしょうか?

金利18%というと消費者金融から借り入れしているレベルです。このレベルであれば、低金利な銀行カードローンに借り換えをすることで金利負担は少なくて済む場合があります。

もちろん、アコムなどの消費者金融でも、高額融資が可能な人であれば借り換えによって金利負担を少なくすることも理論的には可能ですが、総量規制の関係もあって、消費者金融で多額の借り入れするには相応の年収も必要となってきます。

基本的に、

借り入れ額が高額であれば金利は低くなる

ということです。

ですから、150万円の限度額で120万円を借りている人と、300万円の限度額で120万円借りている人とでは、適用されている金利が大きく違ってくるということです。

これはうまくカードローンの借り換えができた場合の一例ですが、銀行のカードローン、とりわけみずほ銀行といった大手の銀行カードローンであれば、

12%前後にまで金利を下げることが可能です。(120万円の限度額の場合)

必ず低金利で借りれるというわけではありませんが、それでも、合計額が200万、300万と高額になればなるほど、借り換えた際の金利は低くできる可能性が高まってくるわけです。

某カードローンの金利設定例

契約限度額 利率
100万円以下 14.6%
100万円~200万円 12%
200万円~300万円 9.6%
300万円~400万円 6.0%
400万円~500万円 4.6%

限度額が上がるほど利率は低くなっているのがわかります。
細かな利率は各社違いますが、全体的な仕組みはどこも同じです。借入限度額が高くなれば利率は下がります。

ローン借り換え金利

ついつい返済を楽に乗り切ろうと金利が高いまま借り換えすることなく借り入れを繰り返してしまうのは、目先は楽でも長期的には金利負担の増加による借金地獄への入り口に立つことと同じです。

ただ、わかってはいても生活もあるし、なかなか理想通りにはいかないもの。

仕方なく重ねた借金で、一向に残高が減らずに悩んでいる、、、

といった場合には、利率の低いカードローンへの借り換えを検討してみてください。既にカードローンの借金があるわけですから、審査は甘いものではありませんが、もし審査に通れば金利負担が減るだけで精神的に相当楽になりますし、返済のことを考えれば気持ちに余裕もうまれます。

 

当サイトがおすすめする借り換え先は・・・

bank借り換えについてはどこに申し込むか迷うところですが、いろいろなところのランキングや口コミで人気なのは全国区で知名度の高い大手銀行やネット銀行になります。当サイトでも同じ傾向です。

また、最近では地方銀行であってもインターネットでカードローンの申込みを受け付けていることもあり、そういったところは顧客獲得に積極的な姿勢を見せていると言われています。


20171101114531

AIによるスコアリングで借入金利や限度額が決定される話題の新サービス

みずほ銀行とソフトバンク株式会社の合弁会社『株式会社J.Score』による個人向け融資商品になります。
実質年率が0.9%~12.0%、AIスコアという独自の基準で審査を行う、いままでとは一線を画した融資サービスになります。
限度額も最高で1000万円、対象者も満20歳以上満70歳以下(国内居住者)で安定収入があればアルバイトでも申込み可能と、カードローンを凌ぐスペックを誇ります。
資金使途は原則自由です(事業性資金や投機性資金は不可)


【詳細はこちら】



teikinricardloan

借り換え利用におすすめなところ

カードローン借り換えをする際には、金利がいくらくらいなのかをチェックすることが大変重要です。また、カードローンによっては借り換え目的を歓迎するところとそうでもないところがあります。以下のカードローンは借り換えにお勧めのカードローンです。

みずほ銀行カードローン

必要書類 金利 審査 保証人・担保 年会費・手数料 最大限度額
公式サイトにてご確認ください。 年2.0%〜14.0%
来店不要 不要 無料 800万円
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

下限金利が年2.0%にまで下がり、カードローン借り換えを検討しているユーザーに人気が急上昇しています。大きな理由は低金利だからで、ここ以上の金利でよそのカードローンを利用している方には借り換えを検討する要因になっているようです。また、カードローンの借り換えというとネット銀行あたりも便利そうで人気ですが、みずほ銀行カードローンには口座を持っている人向けに『WEB完結申し込み』という申込み方法があります。WEBで完結するために郵送による時間のロスがなく、カードローン借り換えを急いでいる人には大変利便性が高くなっています。

⇒貸付条件確認

 

三井住友銀行カードローン

必要書類 金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
公式サイトにてご確認ください 4.0%〜14.5% 迅速 不要 なし 800万

メガバンクということで借り換えユーザーから安定して人気があるのがこの三井住友銀行カードローンです。
口座不要でも申し込むことができますが、もし口座を持っている人であれば、WEB完結での申込みが可能となっており、より迅速な手続きを希望される方にもおすすめです。
金利水準はカードローンとしては一般的なレベルで、借り換えをする場合にも向いています。

⇒貸付条件確認

 

じぶん銀行カードローン

必要書類 金利 来店申込み 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
公式サイトにてご確認ください。 1.7%〜17.4% 不要 不要 なし 800万

200じぶん銀行は三菱東京UFJ銀行と同系列のネット専業銀行です。ネット上での取引が前提の銀行ですからネットバンキングなどの使い勝手が良く好評です。カードローンとしてのスペックも標準的であり、借り換えコースが用意されていて金利も借り換えコースは若干低くなっています。そうした点が注目されて借り換えユーザーから底堅い人気もあります。
親会社のひとつがKDDIということもあり、auユーザーは金利面で優遇されています。

⇒貸付条件確認

 

【その他】

借り換えに積極的におすすめではないけども、高額で借り換えがきるなら金利が低くなる可能性は十分あるカードローンもご紹介しておきます。

アコム

金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
3.0%〜18.0% 来店不要
最短即日
不要 なし 1万〜800万
パート・アルバイト・派遣社員可
アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループになります。消費者金融ですが、最低利率は3.0%、融資限度額は800万円ですから、審査次第でカードローン借り換えにも十分に活用できます。初めて利用される方は30日間金利なしで借りられますからその意味でもおすすめだといえるでしょう。

 

⇒貸付条件確認

 

アイフル

金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
4.5%〜18.0% 来店不要
最短即日
不要 なし 500万円以内
パート・アルバイト・自営業可
アイフルは独立系の消費者金融にあります。既に他社での借り入れがある人であっても新規契約ができたと口コミがあるなど、銀行カードローンほどではないにせよ、借り換えを考える人の助けにはなる可能性があります。こちらも初めての方限定で最初の30日間は無利息になりますのでその面でもお得感はあります。

 

⇒貸付条件確認

 

カードローン借り換えのメリット・デメリット

カードローンを借り換える場合のメリットとデメリットはどんなところにあるでしょうか?
メリットについては今更言うまでもありませんが、金銭的な負担が減ること、返済管理の手間が減ること、そしてそれらがトータルで精神的なストレスの軽減につながるということにつきます。金銭的なメリットが一番大きいですね。

対して、デメリットですが、実はほとんどありません。借り換えることで金利が低くなると思っていたらそれほどでもなかったとか、そういった思い違いに起因するストレスはあるかもしれませんが、しっかりと金利などを比較して借り換えをしたのであれば、メリットだらけだと言っても良いでしょう。

借り換え先として理想的なカードローンがあるのであれば、実行に移すのみですが、既存の借り入れの支払い履歴に滞納などの事故情報が掲載されていると借り換えは難しいかもしれません。

事故情報などについては、カードローンの借り換えでない一般的なカードローン情報を掲載している、「カードローン事典」で詳しくお伝えしています。

審査の速さについてですが、通常のカードローンを利用するわけですから、借換えだからといって特別時間がかかることはありません。素早い審査をしているところは当日中にも審査結果がわかるかもしれませんが、申し込む時間によっては翌日、または翌営業日扱いになります。いずれにしてもあまり時間がなくなって借り換え先を探すと判断がきちんとできないですから時間には余裕をもって審査の申込みをするようにしてください。

カードローン借り換えを検討する際の比較すべきポイント

20171023112506

 

カードローンは借入限度額内であれば面倒な処理もなく、簡単に借り入れできる利便性が一番大きなメリットでもあり、特徴となっています。

しかし、その反面、上限金利などは通常の銀行融資と比較して利率が高いというデメリットを持ち合わせています。

よって、少額借入であればさほどは気にならない利息で済みますが、高額借り入れともなれば利率に注意しておかないと支払う利息は大きな負担となってきます。

近年は銀行カードローンの登場により、カードローンでも800万円という高額借入も可能なものもあるので、数百万円にも上る借り入れを行っている方も少なくないでしょう。

となれば支払う利息は気になってくるところです。

そんな方におススメなのがカードローン借り換え。

現状よりも金利の安いカードローンへ借り換えすることで、支払う利息を減額することが可能です。

そこで今回はカードローン借り換えをする際に、重要になってくるポイントについて詳しく解説していくことにします。

カードローン借り換えは金利が低いことが必須条件

冒頭で申しましたように借り換えを行う目的は支払う利息を減額することにあります。

よって、いかに低金利のカードローンに借り換えるのかが、一番重要なポイントとなってくるのです。

現状金利が18%から10%のところへ借り換えしたとしましょう。

これで既に8%の金利で発生する利息を減額することができるのですが、これほどまで金利を抑えられれば、下記のように数百万円にも上る高額借入でなくても十分な利息減額を達成することが可能です。

18%⇒10%への借り換え

(30万円の借り入れの場合)
・金利18%の利息 5.4万円
・金利10%の利息 3万円

2.4万円の減額がわざわざ借り換えするだけのメリットであると考えるかどうかは、借り入れしている方の考え方にもよりますが、確実に利息支払いの減額ができていることはお分かりいただけるでしょう。

また、これが少額借入ではなく、数百万円にも上る高額借入の場合には、下記のようにさらなる減額効果が望めます。

(300万円の借り入れの場合)
・金利15%の利息 45万円
・金利10%の利息 30万円

さすがに10万円を超える減額が可能になるのであれば、カードローンを借り換えしようという気にはなってくるかと思います。

カードローン借り換えのメリットを把握しよう!

カードローン借り換えはまず現状よりも低金利なところを選ぶことが重要なポイントとなってきますが、そのほかにも併せて知っておいてもらいたいポイントがあります。

それは下記の3つです。

 

カードローン借り換えのポイント

・普段利用することの多い提携ATMがある
・毎月の返済額が現状より少ない
・提携ATMの使用手数料が無料

 

カードローン借り換えは支払額を減額することが一番の目的ではありますが、総支払額は安くなったが利便性が悪くなったでは意味がありません。

よって金利だけにとらわれずに、様々な角度からメリットの可能性を探る必要もあるのです。

普段利用することの多い提携ATMがある

カードローンの借り入れと返済で一番利便性の高い利用手段がATMです。

よって、借り換え後に普段利用しているATMが利用できるのかどうかは、借り換え先を選ぶ際には見逃すことのできない選択基準となってくるでしょう。

借り換え後に不便になったと後悔しないためにも、利用できるATMの確認は忘れず行うようにしてください。

毎月の返済額が現状より少ない

カードローンは借入残高に対して、毎月の返済額が一定に設定されていることが多いです。

この設定額は下記のように各社違ってくるので、いくらになるのかを確認する必要があります。

(みずほ銀行カードローンの場合)

借入残高1万円未満 前月10日現在の借入残高
借入残高1万円以上~100万円以下 1万円
借入残高100万円超~200万円以下 2万円
借入残高200万円超~300万円以下 3万円
借入残高300万円超~400万円以下 4万円
借入残高400万円超~500万円以下 5万円
借入残高500万円超~600万円以下 6万円
借入残高600万円超~700万円以下 7万円
借入残高700万円超~800万円以下 8万円
借入残高800万円超 9万円

*2012年7月31日以降に契約の締結あるいは変更をし、かつ借入限度額が200万円以上(変更を行った場合は変更後のものとします)の場合。

(オリックス銀行カードローンの場合)

借入残高30万円以下 7千円
借入残高30万円超~50万円以下 1万円
借入残高50万円超~100万円以下 2万円
借入残高100万円超~150万円以下 3万円
借入残高150万円超~200万円以下 3.5万円
借入残高200万円超~250万円以下 4万円
借入残高250万円超~300万円以下 4.5万円
借入残高300万円超~400万円以下 5万円
借入残高400万円超~500万円以下 6万円
借入残高500万円超~600万円以下 7万円
借入残高600万円超 8万円

できるならば現状よりも返済額が少なく、返済利息にも大きな影響がない設定がおススメです。

基本的には高額借入の場合、毎月の支払額は高く設定されることとなるので、高額借入となるケースの多い借り換えにおいては必ず確認してください。

金利は低くなったが、毎月の返済額が増えてしまって、支払いに窮することになっては意味がありません。

そうならない為にも、借り換え後の毎月の返済額がいくらになるのかは、忘れずに必ず確認するようにしましょう。

提携ATMの使用手数料が無料

借り換え時には金利による利息支払いの減額のほかにも、提携ATMの使用手数料が無料かどうかの確認を必ず行いましょう。

カードローンは基本的に提携ATMを利用する際には、下記の使用手数料の支払いが発生します。

提携ATMの一般的な手数料
・1万円以下 108円
・1万円超え 216円

大した金額とは思えませんが、毎月1万円を超える借り入れと返済を1度ずつ行えば月に436円、1年で5,232円もの使用手数料が発生します。

しかもこれを5年間繰り返せば26,160円もの出費となるのです。

そんなの大した金額じゃないと言われる方もいるでしょうが、5,000円あればほかに何が買えるのか考えてみてください。

決して大した金額じゃないとは言えませんよね。

近年はオリックス銀行カードローンのように、提携ATMの使用手数料が無料のところもでてきています。

借り換えの際には必ず確認するようにしてくださいね。

金利は借入限度額によって違ってくる!

カードローンに限らず金融機関の金利は借入額が大きければ大きいほど低くなってきます。

これは利息制限法でも明確化されており、下記のように借入額に対する上限金利が設定されています。

法定利率
・借入額が10万円未満 20%(年率)
・借入額が100万円未満 18%(年率)
・借入額が100万円以上 15%(年率)

よって金融機関はこの利息制限法で定められた上限金利を基準として、金利の設定を行っています。

しかし、金利設定は利息制限法の上限金利を上回らなければ問題ないため、各カードローンの金利設定はそれぞれ違っているのです。

そこで確認してもらいたいのが各社の金利設定。

カードローンの金利設定は下記のように利用限度額に応じて金利設定が行われていますが、限度額幅によるクラス分けが違ってくる上、借入額に応じた設定金利も違っています。

(みずほ銀行カードローン金利)

10万円以上~100万円未満 年14.0%
100万円以上~200万円未満 年12.0%
200万円以上~300万円未満 年9.0%
300万円以上~400万円未満 年7.0%
400万円以上~500万円未満 年6.0%
500万円以上~600万円未満 年5.0%
600万円以上~800万円未満 年4.5%
800万円 年2.0%

(オリックス銀行カードローン金利)

100万円未満 年12.0%~17.8%
100万円以上~150万円以下 年6.0%~14.8%
150万円超え~300万円以下 年5.0%~12.8%
300万円超え~500万円以下 年4.5%~8.8%
500万円超え~700万円以下 年3.5%~5.8%
700万円超え~800万円以下 年1.7%~4.8%

上記2社の金利体系を見てもらえばお分かりでしょうが、100万円を借りるにしても借入先が違えば金利は大きく違ってくる上、オリックス銀行カードローンのように借入限度額クラスの金利に幅を持たせ、審査しだいで更なる低金利も期待できる金利設定を行っているところもあります。

カードローン借り換えを検討する方は百万円単位の高額借入をしているケースが多いため、低金利が期待できますが、だからといってどこでもOKというわけではありません。

まずは自分の借り換え金額に合わせた適用金利を各社比較して、どこが一番メリットの高い低金利となる可能性が高いのかを検討する必要があるのです。

消費者金融と銀行カードローンの金利比較

それでは借り換え先は何処を選べばいいのか、これは切実な問題となってきます。

まず借り換えの必須条件となってくるのが低金利であることです。

となれば最初に考えなければならないのは、消費者金融カードローンか銀行カードローンのどちらがメリットが高いかでしょう。

これはすでにカードローンを利用した方であれば周知のことでしょうが、金利面で言えば圧倒的に銀行カードローンの方が低金利です。

実際に大手消費者金融とメガバンクのカードローン金利を見てみることにしましょう。

大手消費者金融の金利
・アコム  3.0%~18.0%(年率)
・プロミス 4.5%~17.8%(年率)
・アイフル 4.5%~18.0%(年率)
・SMBCモビット 3.0%~18.0%(年率)
メガバンクの金利
・みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%(年率)
・三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%(年率)
・三菱東京UFJ銀行バンクイック 1.8%~14.6%(年率)

上限金利を見てもらえば明白ですが、ここで既に4%もの金利差が生まれており、基本的には銀行カードローンの方が低金利であることが分かります。

借り換えの場合には数百万円単位の高額借入となるので、さらに低い金利適用がされることを考えれば、やはり借り換え先として選ぶのならば消費者金融よりも銀行カードローンの方が金利面でメリットを生むことが多いのは間違いないでしょう。

銀行カードローン同士での金利比較

それでは借り換え先を銀行カードローンにした場合、どのように金利比較をすればいいのでしょうか。

金利が低い高いを判断するのは、やはり各行が公表している金利を比較するのが手っ取り早いでしょう。

各銀行カードローンの金利は下記の通りとなります。

・みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%(年率)
・三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%(年率)
・三菱東京UFJ銀行バンクイック 1.8%~14.6%(年率)
・オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%(年率)
・楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%(年率)
・新生銀行カードローンレイク 4.5%~18.0%(年率)

こうして金利設定を比較してみると銀行カードローンだから、必ず低金利であるというわけではないことがお分かりいただけるでしょう。

しかし、この公表金利を見て上限金利だけから金利が高いと判断するのは時期尚早です。

先程も説明しましたが、金利は借入額が高額になればなるほど低金利となり、その金利設定は各銀行で大きく違ってきます。

よって上限金利が高いからといって、必ずしも借り換えメリットのない銀行カードローンだと断定することはできないのです。

その最たる例がオリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは上限金利が17.8%と消費者金融カードローン並みの高金利となっていますが、100万円を超える高額借入をする際には驚く程の低金利設定が可能となってくるのです。

それでは再度オリックス銀行カードローンの金利設定を見てみましょう。

オリックス銀行の金利は100万円を超えると低金利に!・100万円未満       12.0%~17.8%
・100万円以上~150万円以下 6.0%~14.8%
・150万円超え~300万円以下 5.0%~12.8%
・300万円超え~500万円以下 4.5%~8.8%
・500万円超え~700万円以下 3.5%~5.8%
・700万円超え~800万円以下 1.7%~4.8%

数十万円の借り入れの場合には上限金利が設定されることが一般的ですから、オリックス銀行カードローンの場合は17.8%が適用される可能性が高く、そうなると金利メリットはありません。

しかし、これが100万円の借り入れとなれば、下記のように一番金利面でメリットを生む可能性があるカードローンへと生まれ変わるのです。

100万円借入時の金利順位
1.オリックス銀行カードローン  6.0~14.8%(年率)
2.三菱東京UFJ銀行バンクイック 9.6%~12.6%(年率)
3.楽天銀行スーパーローン    9.6%~14.5%(年率)
4.三井住友銀行カードローン   10.0%~12.0%(年率)

このように銀行カードローンの金利比較をする時には、公表されている「○○%~○○%」という上限金利と下限金利を見るだけでは正確な金利メリットを計ることはできません。

かならず借入額に応じた金利設定がどうなっているのかが詳細に判断できる、金利設定表を見る必要があるのです。

上限金利が低くても、借り換え額に応じた金利設定が他行と比べて高かったということも考えられます。

金利比較をする際には表面的な公表金利に惑わされることなく、借り換え額に応じた金利を設定表で確認して比較するようにしましょう。

借り換えにおススメなのはみずほ銀行とオリックス銀行

それではカードローン借り換えで知っておいてもらいたい重要ポイントを説明したところで、私どもがおススメする具体的な銀行カードローンを紹介しましょう。

その銀行カードローンは下記の2行です。

・みずほ銀行
・オリックス銀行(リボ払いの借り換えのみ)

それではこの2行にはどのようなメリットがあるのかを簡単に説明していきましょう。

みずほ銀行

必要書類 金利 審査 保証人・担保 年会費・手数料 最大限度額
公式サイトにてご確認ください。 年2.0%〜14.0%
来店不要 不要 無料 800万円
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

⇒みずほ銀行カードローンはこちら

みずほ銀行カードローンは金利が2.0%~14.0%(年率)と銀行カードローンの中でも低金利である上、最高借入限度額が800万円と高額ですから、借り換えには充分適した条件を持つカードローンと言えます。

また金利面だけでなく、今回説明したほかのメリットについても、下記のように十分満足な結果となっています。

①普段利用することの多い提携ATMがある

利用可能なATMは下記のとおりです。

・みずほ銀行ATM
・E-net(ファミリーマート、ポプラ、スリーエフ、デイリーヤマザキなど)
・ローソンATM
・セブン銀行ATM
・ゆうちょ銀行
・提携金融機関ATM(都市銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫など)

主要なコンビニが網羅されているので、確実に普段使っているATMが利用できること間違いなしでしょう。

②毎月の返済額が現状より少ない

返済額は借入残金によって違ってきますが、100万円以下で1万円、200万円以下で2万円と高額借入に対しても負担とならない返済額設定となっています。

③提携ATMの使用手数料が無料

提携ATMの使用手数料は残念ながら有料となっており、一度の利用につき108円もしくは216円の使用手数料がかかってきます。

以上のように借り換えには適したカードローンスペックを持っていますが、融資実行までには最低でも2週間、最長で1ヶ月と長い時間を要します。

よって、お急ぎの方にはおススメできないので、この点はよく理解しておきましょう。

オリックス銀行

金利 審査 保証人・担保 年会費・手数料 限度額最高
1.7%〜17.8% 来店不要 不要 なし 最高800万
アルバイト・自営業可
※毎月安定した収入のある方が対象

【オリックス銀行リボ払いの借り換えはこちら】
OBK_468x60_FB4_1707

オリックス銀行は先に説明したように1.7%~17.8%と一見高金利のように見えますが、高額借入となる借り換えには大きな金利メリットを生み出します。

よって100万円を超える借り換えを行う際には、低金利による大きな支払利息の減額が期待できます。

また最高借入限度額もみずほ銀行同様に800万円となっているので、借り換えにも十分対応可能です。

そしてほかのメリットに関しては、みずほ銀行よりもさらにいい条件となっています。

①普段利用することの多い提携ATMがある

オリックス銀行は自社ATMを持ちませんが、それをカバーするに足る全国の提携ATMが用意されています。

これだけあれば普段利用しているATMもきっと含まれているのではないでしょうか。

その提携ATMは下記のとおりです。

・三菱東京UFJ銀行ATM
・三井住友銀行ATM
・西日本シティ銀行ATM
・イオン銀行ATM
・ゆうちょ銀行
・セブン銀行ATM
・ローソンATM
・E-net(ファミリーマート、ポプラ、スリーエフ、デイリーヤマザキなど)

②毎月の返済額が現状より少ない

返済額はみずほ銀行と同じく借入残金によって違ってきますが、返済額は若干高く100万円で2万円、200万円で3.5万円となっています。

高額借入としてはさほど高い返済額ではありませんが、負担とならない返済額かどうかはよく考えるようにしましょう

③提携ATMの使用手数料が無料

オリックス銀行カードローンは自社ATMを持たないことも影響してか、提携ATMの使用手数料が無料となっています。

これは先程説明したように大きなメリットとなってくるので、是非選択基準として考えるようにしましょう

カードローン借り換えとおまとめローンはどう違う?

20171013184811

最近はカードローンをはじめとする無担保・無保証の個人借入が手軽に行えるようになりましたが、依然として安くならないのが借入金利。

申し込みが手軽にできるため複数のカードローンを利用している方は少なくありませんが、ここで問題となってくるのが返済です。

政府のゼロ金政策の行き過ぎがマイナス金利を引き起こした昨今でも、カードローンの金利は銀行、消費者金融ともに引き下げられることはなく、依然として10%を超える高金利での貸し付けが行われています。

この金利は高いのに借り入れしやすいというカードローンの利便性は多くの利用者を生むことになりましたが、複数社からの借り入れに対する返済が発生し、支払いに苦慮することになる方が出るという不測の事態が発生しているのも事実です。

そして、これら返済の問題を抱えている方にとって、魅力的な金融商品として注目されているのが借り換えローンやおまとめローンです。

呼び名はそれぞれ違えど消費者金融や銀行から、これら金融商品の取扱いを行っているところは多くなっているので、その存在を耳にしている方も多いことでしょう。

しかし、借り換えローンとおまとめローンはどう違うのでしょうか?

言葉の意味合いからはどちらも借り換えを目的としたローン商品であることには違いありません。

よって、単なる呼び名の違いに過ぎないと考えている方も多いでしょうが、実はこれらローン商品は似てはいてもその性質は全く違っています。

そこで今回は現状にあった借り換えを行ってもらうためにも、これら2つのローン商品について詳しく説明していくことにしましょう。

 

借り換えローンとおまとめローンってどんなローン商品なの?

先程も申しましたが借り換えローンもおまとめローンも、現状の借金を借り換えるという点では全く同じ手段となっています。

どちらも借り換えによる低金利適用によって、毎月の返済額と総支払額の低減を図る返済手段なのです。

しかし、この2つのローン商品には下記のような違いがあります。

・借り換えローン 借金を現状の支払い金利よりも低金利のところへ借り換える
・おまとめローン 複数ある借金を1つにまとめて総支払額低減等のメリットを生む

つまり借り換えローンは1つの借金、おまとめローンは複数の借金の総支払額を低減するための返済手段というわけです。

それではこれら2つのローンをよく理解してもらうためにも、それぞれの特徴を詳しく説明していくことにしましょう。

借り換えローンについて詳しく知ろう!

借り換えローンで一番身近な金融商品として挙げられるのが住宅ローン借り換えです。

2016年1月29日に日銀がマイナス金利を導入したことにより、ただでさえ近年低金利化が顕著だった住宅ローン金利はさらなる金利の低下が促進されました。

数年前に住宅ローンを組んだケースでさえ、現在借り換えを行えば数百万円の利息を軽減することが可能となっているほどです。

この情報はニュース等で取り沙汰されているため、住宅ローンを組んでいるならば借り換えを検討している、または検討したという方は多いことでしょう。

住宅ローンは返済完了まで同一金利支払いの固定金利と、金利変動のある変動金利の2種類が選べますが、金利変動による金利高騰というリスクがあっても固定金利よりも低金利設定されている変動金利を選ぶ方が大半です。

しかし、底値とも言われている現状では固定金利と変動金利の差は縮まっており、変動金利のローンを固定金利のローンへ借り換えするチャンスと考えている方も少なくありません。

このように借り換えローンの場合、複数のローンや借金を一本化するのではなく、現状の金利よりも低金利を適用することによって、毎月の返済額と総支払額を減らすことが目的となります。

よって、低金利化が進む住宅ローンにおいて借り換えローンは、まさに高いメリットを生むことのできる返済手段と言えるでしょう。

そしてこの金利差が生み出すメリットは、カードローンに関しても同じことが言えます。

借り換えローンを利用することで下記のようなメリットを生み出すことができるのです。

・毎月の返済額を軽減できる
・最終的な返済総額を軽減できる

それではカードローン借り換えについて簡単に説明しておくことにしましょう。

 

①消費者金融と銀行でもこんなに金利差が!

たしかにカードローン業界は住宅ローンのように、日銀のマイナス金利導入による金利引き下げは行われてはいません。

よって住宅ローンのように驚くような利息の減額は望めません。

しかし、カードローンの取り扱い先である銀行と消費者金融には、下記のように金利にシッカリと金利差が出ているのです。

消費者金融カードローン
・プロミス 年4.5%~17.8%
・アイフル 年4.5%~18.0%
・アコム  年3.0%~18.0%
・SMBCモビット 年3.0%~18.0%

銀行カードローン
・みずほ銀行  年2.0%~14.0%
・三井住友銀行 年4.0%~14.5%
・楽天銀行   年1.9%~14.6%
・SMBCモビット 年3.0%~18.0%

消費者金融カードローンの金利よりも低金利である銀行カードローンへ借り換えすることで、借り換えローンによるメリットを実現することができます。

それでは消費者金融カードローンの金利を18%、銀行カードローンの金利を14%と仮定して、50万円を借り入れして毎月15,000円の返済を行った場合、発生する利息と元金充当額はどれくらい違ってくるのかを見てみることにしましょう。

・返済回数 1回目 返済額15,000円

(消費者金融)
・利息発生額 7,397円
・元金充当額 7,603円
・返済残高  492,397円

(銀行)
・利息発生額 5,753円
・元金充当額 9,247円
・返済残高  490,753円

 

・返済回数 6回目 返済額15,000円

(消費者金融)
・利息発生額 6,817円
・元金充当額 8,183円
・返済残高  452,662円

(銀行)
・利息発生額 5,209円
・元金充当額 9,791円
・返済残高  442,938円

 

4%の金利差が毎月約1,600円の利息差を生み、それがそのまま元金充当額に影響しています。

よって、6回の返済で返済残高には約1万円もの差を生み出しています。

これはそのまま返済回数が増えることを意味します。

しかも50万円に対して毎月15,000円の返済を行った場合、その返済回数は単純計算でも約33回を要します。

となればこれも単純計算ではありますが、この金利差が生む総支払額には約5万円もの差額が出てくるのです。

そしてこの金利差が生み出す支払利息額の差は、下記のように借入金額が大きければ大きいほど大きなメリットを生み出します。

・100万円借り入れの場合
金利18% → 18万円
金利14% → 14万円
差額 4万円

・200万円借り入れの場合
金利18% → 36万円
金利14% → 28万円
差額 8万円

・300万円借り入れの場合
金利18% → 54万円
金利14% → 42万円
差額 12万円

この支払利息差額を見れば金利差を考慮した借り換えが、いかに大きなメリットを生み出す返済手段であるかご理解いただけることでしょう。

 

②信用度が上がれば適用金利は低くなる

またカードローンの金利設定は年齢や年収など、様々な要因が影響してきます。

よって申し込んだ当初は年収も少なく、年齢も若く条件が伴わなかったため、満足いかない金利設定が行われることも多いことでしょう。

しかし、年月が経過して年齢や年収が十分な条件を備えるようになれば、金利引き下げが可能になることは十分に考えられます。

高い信用力を持つことによって、金利引き下げを実現することが可能なのです。

となれば現状に何の不満も持っていない方であっても、利用中であるならば借り換えローン利用を検討してみる必要はあるでしょう。

 

おまとめローンについて詳しく知ろう!

借り換えローンは単数の借金借り換えに限定されるため、生み出されるメリットは利息負担の軽減にのみとなります。

これに対し、おまとめローンは複数の借金を一本化するため、下記のように複数のメリットを受けることができるのです。

・金利を低く抑えられる
・毎月の返済額を軽減できる
・最終的な返済総額を軽減できる
・返済日を1日に集約できる
・返済管理がしやすくなる
・精神的負担を軽減できる

 

①金利を低く抑えられる

カードローンに限らず金融機関からの借入金利は、業者の提供する金利水準の高さに関係なく、高額借入ほど低金利となります。

よって、複数の借り入れを一本化するおまとめローンは高額借入となる傾向が強いため、低金利を期待できます。

現在、下記のような借り入れをしているとしましょう。

・A社 借入額100万円 金利11%
・B社 借入額100万円 金利15%
・C社 借入額 50万円 金利12%

この3社から借り入れしている総額250万円に対して、支払わなければならない利息総額は32万円となります。

しかし、この250万円という借り入れを1社から行ったとすれば、確実に低金利の適用が受けられます。

ソニー銀行カードローンを例に挙げると、250万円の借り入れに適用される金利は最低で8.0%です。

よって、支払利息は20万円となり、12万円もの利息削減が可能となってきます。

12万円となれば決して見過ごすことのできる金額ではありませんよね。

特におまとめローンは借金の一本化を目的に提供されているローン商品ですから、さらに優遇された金利適用を受けられる可能性もあるのです。

 

②毎月の返済額を軽減できる

おまとめローンは基本的に低金利が適用されるので、当然のことながら毎月の返済額は現在のものよりも低くなります。

しかもおまとめローンは低金利だけでなく、返済期間も最長10年と長く設定できるので、確実に毎月の返済額を軽減することが可能となってきます。

しかし、返済期間を長くすれば金利は自ずと高く設定されるため、あまりにも長い返済期間に設定するのは考えものです。

毎月の返済額は減ったが、返済期間を伸ばしたがため、最終的に以前よりも支払総額が増えてしまったという話も時折耳にします。

そうならないためにも毎月の返済額だけでなく、支払総額がどうなっているのかも確認する必要があるのです。

 

③最終的な返済総額を軽減できる

これも先ほどの毎月の返済額と同じです。

低金利による利息軽減が総支払額の削減に繋がります。

しかし、先ほど申しましたように、返済期間を長くして支払総額が以前よりも高額になったということにならないよう注意が必要です。

 

④返済日を1日に集約できる

借入先が複数ある場合、返済期日がバラバラであるケースは珍しい話ではありません。

しかし、返済日が複数あると返済日を忘れがちになり、返済の遅延を引き起こす原因となります。

度重なる遅延は金融事故として信用情報に登録されることもあるので、利用者はそうならに為にも細心の注意が必要となりますが、おまとめローンで返済日を1つに集約すればそんな心配も必要ありません。

 

⑤返済管理がしやすくなる

借入先が複数ある場合、最も苦労するのが返済管理です。

借り入れした時期や借入額、適用金利、借入残高など、すべてがバラバラのためかなりシッカリもので几帳面な方でもなければ、状況把握は難しくなってくるでしょう。

しかし、おまとめローンによる一本化で、これも心配する必要がなくなります。

 

⑥精神的負担を軽減できる

借り換えローンを利用する方は単に返済額を軽減したいという目的が多いのに対し、おまとめローンを利用する方は体重債務という状況に陥っているケースが多く見られます。

よって毎月訪れる複数の返済が精神的な負担となっている方も少なくありません。

しかし、おまとめローンならば返済は月一度に限定されるだけでなく、毎月の返済額の軽減
も図れるので精神的負担が小さくなったという声が多いようです。

 

消費者金融と銀行とではどう違う?

借り換えローンとおまとめローンの違いについて理解してもらったところで、これらローン商品に対する消費者金融と銀行の動向はどうなっているのかについて説明します。

これらローン商品の利用者はどうしても高額借入となる傾向があるため、消費者金融、銀行ともに積極的に展開しているとは言いづらいのが実情でしょう。

これらローン商品を積極的に提供しているのは下記の数社のみであることを考慮すれば、各業者が旨みを感じている事業でないことは明らかです。

・消費者金融⇒プロミス、アイフル、アコム、SMBCモビット
・銀行⇒東京スター銀行、みずほ銀行、三井住友銀行

とくにおまとめローンに関しては複数社からの借り入れを一本化することが目的となるため、申込者が多重債務者であることから審査が厳しいと言われる銀行では、借り換えローンはあっても、おまとめローンはないというのが実情です。

そこで最後にこれら業者の中でも、とくにおススメのおまとめローンを提供しているところを紹介しておきましょう。

 

消費者金融のおススメおまとめローンはコレ!

消費者金融の中でもとくにおススメなのはアイフルです。

アイフルはメガバンクの資本介入が普通となった大手消費者金融の中でも、唯一、どこからの資本介入も受けず独自資本で営業を続けている消費者金融です。

よって、他社との差別化を図るため独自商品提供を多く展開していることで大きな評価を得ています。

そのアイフルが提供するローン商品は下記の2つです。

・おまとめMAX 金利12.0%~15.0% 借入限度額500万円 返済期間最長10年(120回)
・かりかえMAX 金利12.0%~17.5% 借入限度額500万円 返済期間最長10年(120回)

ローン名称は「おまとめ」と「かりかえ」となっていますが、どちらも他社借入をアイフルに一本化するためのローン商品で、借り換え、おまとめともに利用できます。

それならば何で2つのローン商品があるのと不思議に思われる方もいることでしょう。

実は、このローン商品は過去にアイフルを利用したことがあるかどうかで、下記のように利用できるタイプが限定されます。

・おまとめMAX 過去にアイフルを利用したことがある
・かりかえMAX 過去にアイフルを利用したことがない

よって、アイフル利用者ならば2.5%も低い金利で利用できるというメリットがあるのです。

 

①おまとめMAXとかりかえMAXのメリットは?

それではおまとめMAXとかりかえMAXのメリットを簡単に紹介しておきましょう。

そのメリットは下記のとおりです。

・最短、即日融資が可能
・銀行カードローンと変わらない低金利(おまとめMAXの場合)
・年齢上限の設定がない

アイフルの店舗に出向く必要があるのは面倒ですが、この手の高額ローン商品で即日融資が可能なのは大きなメリットとなってくるでしょう。

また上限金利が15%というのも、銀行に比べ高金利である消費者金融の中では特記すべき点ですし、通常ローン商品は70歳以上の申し込みを断っているにもかかわらず、申し込み条件に年齢上限が設定されていないのも見逃せません。

 

②おまとめMAXとかりかえMAXのデメリットは?

次はおまとめMAXとかりかえMAXのデメリットです。

メリットと合わせてよく把握しておくようにしましょう。

・かりかえMAXは高金利
・追加借入ができない
・返済方法が口座振替のみ

アイフルの利用実績がない場合はかりかえMAXの利用となりますが、ネックとなってくるのが17.5%の高金利。

借入金額にもよりますが上限金利が通常の消費者金融カードローンの高金利と変わらないので、借入金額次第ではおまとめローンのメリットが生まれない可能性も懸念されます。

また消費者金融が提供するおまとめローンでは共通して言えることですが、このローン商品は返済専用ローンです。

よってカードローンのように返済に利便性を求める必要もないことから、返済方法は口座振替のみとなっています。

ほかの返済方法を用意している業者もあることを考慮すれば、借り入れだけでなく返済面でも利便性の高いアイフルにしては少々残念に思える点です。

 

銀行のおススメおまとめローンはコレ!

銀行の中でおススメなのは以前からおまとめローンを主力商品として取り扱ってきた東京スター銀行です。

そのローン商品はスターワンバンクローンといい、利用目的によって下記の2つに分類されています。

・おまとめローン 複数者からの借り入れを一本化したい
・のりかえローン 低金利のローンに借り換えしたい

しかし、どちらも借り換えという点においては同じ利用法となるので、実際のところはどちらを選んでもOKというのが実情です。

その点においては、下記のように適用金利の違いが利用者にとってどう影響するのかが、まずは重要なポイントとなってきます。

・おまとめローン 金利5.8%~14.8%
・のりかえローン 金利7.8%~9.8%

おまとめローンは複数社の一本化が目的のため高額借入を想定して下限金利が低く設定されていますが、のりかえローンはその目的はないため2%も高くなっています。

しかし下限金利いっぱいの設定が適用される程の借入額になることは稀有ですから、通常は10%を切る上限金利が設定されているおまとめローンを利用する方が受けるメリットは大きいでしょう。

 

①おまとめローンのメリット、デメリット

それではまずおまとめローンのメリットについて説明します。

そのメリットは下記のとおりです。

・追加借入が可能
・借入限度額が大きい
・預金連動による金利軽減

消費者金融のおまとめローン商品は大半が返済専用となっているので、追加借入することはできません。

その点、この東京スター銀行のおまとめローンは契約時に利用限度枠が設定され、ローン残高が利用限度額を下回った時点でその対象額を借り入れできます。

「利用限度額30万円以上~300万円以下」で「ローン残高250万円」ならば、新たに50万円の借り入れをすることが可能です。

この点は消費者金融のおまとめローンとの大きな差別化ポイントとなってくるでしょう。

また借入限度額が最高1,000万円というのも、おまとめローンとしては十分な金額設定と言えます。

そして見逃せないのが預金連動です。

東京スター銀行の指定口座に預金があれば、その預金分の利息負担が免除となります。

300万円借り入れして、口座に50万円の預金があれば、実質金利がかってくるのは250万円となるわけです。

東京スター銀行をメインにしていたり、定期預金を組んでいる方にとっては大きなメリットとなってきます。

しかし、おまとめローンには下記のようなデメリットもあります。

・借り入れまでに時間がかかる
・審査が厳しい
・返済手段が東京スター銀行の口座振替のみ

融資までには最短でも2週間の日数が必要となり、即日融資が可能なアイフルと比べれば遅すぎる感は否めません。

また融資までの時間が長いのは審査が厳しい証拠でもあり、申し込み資格も下記のように厳しく、審査通過できないケースも多々あるようです。

・満20歳以上~65歳未満
・正社員、または契約社員であること
・年収200万円以上
・パート、アルバイト、自営業者は申込不可

またアイフル同様に返済方法が同行の口座振替のみというのも利便性にかけるでしょう。

 

②のりかえローンのメリット、デメリット

のりかえローンのメリット、デメリットは先に説明したおまとめローンと全く同じです。

しかし、先程説明したようにおまとめローンよりも上限金利が低いという点は、大きなメリットとなってくる方は多いでしょう。

ですがこの上限金利を狙って申し込んだとしても、審査でおまとめローンが適用される結果になるケースも少なくありません。

審査の結果内容によりますが、この点はよく理解しておきましょう。

 

 

カードローン借り換えの手順は?おすすめはどこ?

気軽な手続きでお金を借りられるカードローンは、実にたくさんの会社や銀行がサービスを提供しています。

各社競争でサービス内容が改善されていきますので、すでにどこかから借り入れしている人も、他社に借り換えることで条件がよくなることもあります。

しかし、借り換えには興味があるけど、手順が複雑そうだからそのままになっている、という人もいるかもしれません。

そこで、カードローンの借り換え手順や、借り換え先を選ぶときにチェックしたいポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

カードローン借り換えの手順

カードローンの借り換えとは、現在すでにお金を借りている状態から、より条件のよい他社のカードローンに乗り換えることです。

例としては、急ぎの事情があったときに利用した消費者金融やクレジットカードのキャッシングを、低金利の銀行カードローンに借り換えるような場合です。

金利が低くなると毎月の利息も安くなりますので、全て返済したときの支払い総額を抑えることができます。

まずは現状の金利を把握

ローンの借り換えを検討するときにまず行うべきなのは、現在どれぐらいの利率で借りているのか、現状の金利の把握です。

借り換えの最大のメリットは、より低金利のローンに乗り換えることで利息が安くなることです。

現状より可能な限り低金利のサービスに乗り換えるためには、現状のローンと借り換え先の金利をしっかり比較する必要があります。

金利は利息の計算の元になる数字のことで、実質年率という数字で表されます。

消費者金融なら年18%程度、銀行カードローンなら年14~15%程度が標準的です。

まずは現在の金利がどれくらいかを把握して、現状より金利の低いカードローンを探すのが第一歩です。

限度額もチェック

次に、現在の借り入れ額を確認して、借り換えに必要な限度額も把握しておきます。

借り換え先として利用したいカードローンの限度額が、現在の借り入れ残高と同じかそれ以上になる必要があります。

もし現在の借り入れ額より低い限度額しか利用できないなら、借金が2社に分かれてしまいます。

毎月の返済日も2回に分かれて返済額も多くなりますし、将来の別のローンの審査で評価が下がってしまいます。

限度額をしっかり把握して、借り換えるなら全額を一度に借り換えるのが基本です。

実際の借り換え手順

実際の借り換えの流れは、借り換え先のカードローンに新規申込みをして、借り入れしたお金で借り換え前のローンを返済するという大変シンプルなものです。

使いみちが自由な無担保カードローン同士の借り換えは、特別な手続きを申請する必要はありません。

借り換えする金額が大きいときはたくさんの現金を扱うことになりますので、銀行口座を使った振込を利用するのがおすすめです。

ATMで何十万円も大金をおろすのは不安になってしまいますが、振込みなら自宅のパソコンで落ち着いて借り換えの手続きができます。

以前から利用していたカードローンを一括返済する方法は、ATMから入金できる場合や、電話で手続きが必要な場合など会社によって違います。

借り換えを実行する前に、事前にインターネットの会員ページなどで確認しておきましょう。

借り換え前に利用していた会社は返済が完了してもそのまま契約は残りますので、今後利用する予定がなければ解約の手続きをします。

借り換えが完了すれば、あとは新しいカードローンの返済に専念することになります。

限度額の増額で金利が低くなることも

借り換えとあわせて検討したいこととして、現状利用している会社で限度額の増額を申込むという方法もあります。

ほとんどのカードローンでは、半年以上の利用実績を作れば、インターネットの会員ページや電話で増額の申込みができるようになります。

カードローンの金利は限度額が高くなるとそれに応じて低くなりますので、限度額の増額ができれば金利も低くなる可能性があります。

増額にも審査があり、信用情報のチェックや在籍確認が行われますが、すでに契約中の会社なので提出書類も少なく、手続きはとても簡単です。

初回の契約から長期の利用実績ができていたり、収入が増えていたりすれば大幅な増額ができる可能性もあります。

借り換え先のカードローンを探すと同時に、現在のカードローンを増額した場合に金利がどれぐらい下がるかもあわせて検討してみましょう。

借り換え先を選ぶときのチェック事項

借り換え先のカードローンの選び方をもう少し詳しく見ていきましょう。

金利だけでなく色々なポイントを総合的に検討することが大切ですが、特に重要なチェック事項は次のようなところです。

・限度額は足りるか
・金利は十分に低くなるか
・より金利を低くする方法はないか
・返済のしやすさは問題ないか

限度額は足りる?

借り換え先のカードローン選びでは、まずは希望する金額の限度額が利用できるかを確認する必要があります。

カードローンの中には、金利は低くても最大限度額は50万円など少額に限定される場合もあります。

こういうローンでは、サービス内容は魅力的でも全額の借り換えができない可能性があります。

銀行カードローンは主に全国展開の都市銀行、地方銀行、ネット銀行の3種類がありますが、地方銀行とネット銀行では、最大限度額が100万円以下の商品もよくありますので注意してください。

一例ですが、初回の契約は限度額は30万円で固定され、利用実績を積めば50万円、70万円、100万円と増額申請ができるというシステムの場合もあります。

広告だけでなく商品詳細や貸付条件の項目にも目を通して、本当に自分の借り換えのニーズに合致するかを見極めながら選ぶ必要があります。

金利がどれぐらい下がるのか?

限度額が問題なければ、借り換えによってどれぐらい金利が低くなるかを確認します。

例えば、消費者金融と銀行でそれぞれ金利の相場がありますので、消費者金融から銀行カードローンへの借り換えは金利が低くなる場合が多いです。

銀行カードローンでは、申込み者の年収などを基準にプランが複数分かれている場合もあります。

自分の場合はどの金利が適用されるのかを確認しながら比較していきましょう。

限度額と金利の関係

カードローンの適用金利は契約する限度額によって段階的に決まり、限度額が高ければ高いほど金利は低くなります。

これはどのカードローンに対しても当てはまりますので、金利を比較するときに意識しておく必要があります。

例えば、みずほ銀行カードローンの金利は年2~14%となっており、最低金利と最大金利を比較すると7倍の差があります。

多くの人は限度額100万円以下で利用しますので、その場合は最大金利の年14%が適用されます。

増額申込みをするなどして限度額が100万円を超えると、適用金利は年12%になるというように、段階的に低くなっていきます。

逆に、年2%は限度額が800万円の場合の金利ですので、ほとんどの人には適用されません。

重要なのは、自分が借り入れする金額でどの金利が適用されるかという点です。

金利の優遇

金利比較でもう1つ気をつけたいのは、条件によって金利が優遇される場合があるということです。

例えば、カードローンによっては借り換え専用プランがあり、通常より金利が低くなることもあります。

銀行カードローンに借り換えする場合は、カードローン以外の商品の利用状況で金利が優遇される場合もあります。

例えば、みずほ銀行カードローンでは、みずほ銀行で住宅ローンを利用している人は、カードローンの金利が0.5%低くなります(※引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です)。

同じように地方銀行やネット銀行でも、普段の預金口座や定期預金、グループ会社の関連サービスなどの利用状況によっては金利が低くなることもあります。

普段利用している銀行や、興味のある銀行で優遇制度があるかどうか、公式サイトで確認してみるとよいでしょう。

返済方法や返済額、手数料も要チェック

限度額や金利で条件のよいカードローンが見つかったら、返済のしやすさについてもしっかりチェックしておきましょう。

返済額や返済日は会社によって違いますので、借り換えをしたことで返済しづらくなるという可能性もあるからです。

カードローンの毎月の返済額はリボルビング払いになっている場合がほとんどですが、同じリボ払いでも元利均等方式や元利定額方式など色々な仕組みがあります。

借り換えをしたところ月々の返済額が増えてしまい、返済がつらくなったということにならないよう気をつけましょう。

さらに、返済方法や手数料も重要です。

カードローンの会社によって利用できる提携ATMに違いがありますし、返済に必要な手数料も借り換え前に把握しておきましょう。

以上のことを総合的に確認してみて、限度額も問題なく、現状より金利も下がり、返済のしやすさも問題なさそうなら、具体的に借り換えの手続きを進めていきましょう。

借り換えにおすすめのカードローン

借り換え先の候補としておすすめな、限度額が高く金利が低いカードローンをいくつかご紹介します。

借り換えに適しているのはやはり銀行カードローンですが、大手銀行のサービスはネットから簡単に手続きができて、消費者金融にも負けない利便性の高さがあります。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは最大限度額が800万円と高額なため、借り換え目的に利用しやすいです。

最大でも年14%と低金利なのに加えて、全国展開の大手銀行ということで安心感があります。

借り入れにはみずほ銀行の口座開設が必要ですが、すでに普通預金を利用している人はインターネットからWEB完結で手続きが完了します。

みずほ銀行の口座を持っていない人は同時申込みが必要ですが、遅くとも1週間以内には手続きが完了します。

三井住友銀行カードローン

日本を代表する大手銀行である三井住友銀行のカードローンです。

こちらも限度額は最大800万円のため、審査結果次第では大きな金額の借り換えにも対応できます。

金利も年4~14.5%と銀行カードローンの中でも低い設定です。

三井住友銀行はグループ企業に消費者金融大手のプロミスがありますので、審査手続きの利便性が高いのも特徴です。

三井住友銀行の主要支店にあるローン契約コーナーやプロミスの自動契約機を利用すれば、土日に契約手続きをすることもできます。

三井住友銀行の口座を持っていなくても申込み可能です。

じぶん銀行カードローン

じぶん銀行はKDDIと三菱東京UFJ銀行が共同で設立したネット銀行です。

最大の特徴は携帯電話でauを利用している人は最大0.5%の優遇があるところです。

auユーザーが借り換えコースを選べば、年12.5%という低金利になります。

条件次第では銀行カードローンからの借り換えでもさらに金利を下げられる可能性があります。

ネット銀行のため店舗はありませんが、三菱東京UFJ銀行と大手コンビニのATMが手数料無料で利用できます。

まとめ:借り換えの手順は意外とシンプル!

カードローンの借り換えは、自分に合った借り換え先が見つかれば、簡単な手順で行うことができます。

借り換え先を選ぶときは金利だけにとらわれず、限度額や返済方法にも気をつけて自分にぴったりの商品を探しましょう。

現状利用しているカードローンが安心というときは、限度額の増額で金利が低くなることもあります。

よい借り換え先があるか、増額の審査は合格できそうかなど、幅広く情報収集をして、より有利な条件で借り入れできるようにしましょう。

カードローン借り換えで即日融資は可能か?

近年は銀行のカードローンへの参入により、低金利のカードローン利用が可能となり、カードローンのイメージも大きく変わってきました。

カードローンといえばスピード審査で即日融資可能と、融資までの早さには定評がありましたが、いかんせん扱っているところが大手消費者金融ということもあり、金利面では高いという印象は拭うことはできませんでした。

しかし、低金利に定評のある銀行カードローンの登場によって、さほど気にしていなかった金利面に目を向ける方が増えてきたのです。

そこで近年、消費者金融等で人気商品となってきたのが借り換えローン。

現在利用しているものよりも低金利のものへ乗り換えることによって、毎月の返済や支払い訴額を減額することが可能になります。

よって、この金利差にあやかって支払いの減額を計画する高額借入者が増加しています。

そこで気になってくるのがカードローン借り換えで即日融資は可能なのかという点です。

高額借入の返済に切羽詰まった方は、数日後、もしくは当日の借り換えによって支払いを済ませたいと考える人もいることでしょう。

今回はこの点に焦点を絞って、カードローン借り換えは即日融資可能なのかを検証して行くことにしましょう。

 

カードローン借り換え審査は甘くない!

即日融資可能かどうかを判断する際に、まず一番影響を与えることになるのが審査です。

なにはともあれ、この審査を通過しないことには即日融資もなにも、借り換えすることすらできません。

よって、まず理解しなければならないのはカードローン借り換えの審査がどうなのかという点です。

 

審査は借入額が大きいほど厳しくなる

カードローン限らず、金融機関からの融資実行は金額が大きくなるほど難しくなります。

これは普通に考えれば当然の話で、高額な借り入れほど返済能力と信頼度の高さが求められるからです。

基本的に消費者金融であれ銀行であれ、その収入源は融資した金額が生み出す利息となるため、できるなら高額貸付を行いたいと考えています。

しかし、誰にでも高額貸付できるわけではありません。

必ず返済してくれるという保証、つまりはそれに足る返済原資と信頼度がなければ安心して貸付することができないからです。

となれば消費者金融が掲げる即日融資に対応できるような短時間審査では、結論は出ないと断言できるでしょう。

 

①消費者金融の即日融資可能な金額は50万円まで!

即日融資を掲げる消費者金融でも、貸付金額に関係なく実行できるわけではありません。

基本的に消費者金融カードローンは本人確認書のみで審査を受けられますが、下記の場合には収入証明書の提出が必要になります。

 

・借入限度額が50万円を超える場合
・今回の借り入れで、借入総額が100万円を超える場合

 

つまり、50万円を超える貸付になる場合は提出書類が増える事になるため、その分、審査にかける時間も長くなるというわけです。

また他社借入があり、総額で100万円を超える場合はさらに審査は慎重に行われることとなります。

高額となる借り入れに対して返済できるだけの返済原資(年収)はあるか、返済してくれるという確証を持てるだけの信頼度はあるかが慎重に審議されることになるため、まず即日融資が実行されることはないでしょう。

以上のように即日融資が可能かどうかは、基本的にそれが簡単に判断できる50万円以下の少額借入に限定されているのが実情なのです。

現在の借り入れが50万円以下で、現状よりも低金利のところに借り換えたいというのであればまだ可能性はあると言えます。

しかし、通常でも審査が厳しくなる50万円を超える借り換えにおいては、難しいと言わざるを得ません。

基本的には即日融資を掲げる消費者金融でも、高額なカードローン借り換えの即日融資は難しいと考えた方がいいでしょう。

 

②銀行でのカードローン借り換えの即日融資は期待できない

即日融資といえば消費者金融カードローンの代名詞のように思われていますが、銀行カードローンでも対応しているところは数行あります。

かつてはメガバンクでも即日融資対応を謳っていました。

当時、よくある即日融資を受けるための条件は下記のようなものです。

・13時30分までに申し込みを完了していること
・指定口座を持っていること
・ATM(契約機)でカード発行が受けられること

消費者金融でも似たような感じですが、銀行カードローンで即日融資を受けるにも、それなりの条件をクリアする必要があるのです。

もちろんこの条件をクリアできたからといって、必ず即日融資が受けられるわけではありません。

消費者金融同様に審査は高額借入ほど厳しくなってきます。

よって借入希望額によっては、この条件をクリアしても審査に時間が掛かり、即日融資ができなかったとなる可能性は高いと言えます。

となれば基本、即日融資に対応しているところが極小数の銀行でカードローン借り換えの即日融資を受けるのはまず無理と考えておいた方がいいでしょう。

 

借り換え額によっては即日融資の可能性はあるの?

先程説明でカードローン借り換えで即日融資の可能性は低いことはご理解いただけたことでしょう。

しかし、説明の中でもあったように借り換え額が少額であればその可能性は全くないわけではありません。

そこで借り換え額を下記の3つに分類して、消費者金融と銀行における即日融資の可能性を探っていくことにしましょう。

合わせて借り換えのメリットがあるかないかについても言及しますので、参考にしていただければと思います。

・100万円未満の少額を借り換える場合
・100万円以上の高額を借り換える場合

 

100万円未満の少額を借り換える場合

①消費者金融での借り換え

まずは消費者金融での借り換えの可能性です。

消費者金融においては少額の借り換えならば十分に即日融資の可能性は見込めるでしょう。

よって100万円未満の借り換えであれば、下記の条件をクリアすることで即日融資の可能性は期待できます。

 

・今までの返済において遅延や延滞がなく、健全な返済が行われている
・借り入れが借り換えに限定されるもので、その金額が年収の3分の1以内である
・勤続年数が3年以上で、継続して安定した収入が見込めると判断できる

 

しかし、この場合の借り換えは決してメリットのあるものとは言えません。

利息制限法では利息の上限金利を20.0%と定めているだけではなく、下記のように借入金額を3段階に分類し、それぞれに上限金利を定めています。

借入金額10万円未満 上限金利20.0%
借入金額10万円以上~100万円未満 上限金利18.0%
借入金額100万円以上 上限金利15.0%

金利が高いことで知られる消費者金融においては、下記のアコムのように適用金利に幅を持たせてはいますが、借り換えの場合には利息制限法に定められた上限金利が適用される確率が高いのが実情なのです。

(アコム適用金利)

1万円~99万円未満 適用金利7.7%~18.0%
100万円~300万円 適用金利7.7%~15.0%
301万円~500万円 適用金利4.7%~7.7%
501万円~800万円 適用金利3.0%~4.7%

カードローンは定期的に借り入れを行い、健全な返済を繰り返せば信用度が上がり金利の見直しが行われて金利が下がることはありますが、初回利用時には上限金利が適用されるのが一般的です。

よって100万円未満の上限金利が適用されるであろう消費者金融への借り換えは金利差を生むことが期待できないため、借り換えしてもメリットを生むことはありません。

大手消費者金融の上限金利設定を見てみましょう。

・アコム  18.0%
・プロミス 17.8%
・アイフル 18.0%
・SMBCモビット 18.0%

またプロミスは借り換え専用ローンとして「かりかえMAX」という商品がありますが、その上限金利にしても通常金利よりも少し低い17.5%です。

現状18.0%の金利で90万円を借入しているとして、この中で1番上限金利の低いプロミスに借り換えした場合の利息差は下記のとおりです。

・金利18.0% 利息162,000円
・金利17.5% 利息157,500円

その差はたった4,500円にしかなりません。

即日融資の可能性はあるにしてもメリットのない借り換えとなるため、時間と労力を考えれば徒労に終わる無駄な借り換えとなってしまいます。

よって借り換えという目的においては必要性がないと言えるでしょう。

 

②銀行での借り換え

借り換えメリットの点においては消費者金融の場合とは異なり、ある程度のメリットを生むことが可能です。

消費者金融の上限金利は18.0%が適用されることが大半ですが、銀行の場合は下記のようにそれよりも低金利の適用が受けられます。

・みずほ銀行    年14.0%
・三菱東京UFJ銀行 年14.6%
・イオン銀行    年13.8%
・楽天銀行     年14.5%

よって現状18.0%の金利で90万円を借入しているとして、この中で即日融資の可能性がある三菱東京UFJ銀行に借り換えした場合の利息差は下記のとおりです。

・金利18.0% 利息162,000円
・金利14.6% 利息131,400円

その差は先ほどの消費者金融の時より断然多い30,600円となります。

この利息減額が時間と労力をかけてまでメリットがあるものと取るかどうかは個人の判断にもよりますが、まずメリットがあると考えられます。

しかし、肝心の即日融資に関しては可能性がないわけではありませんが、先程説明したように消費者金融カードローンのような高い確率で融資実行されるとは言えません。

最近では銀行も収入証明書の提出が消費者金融と同じ50万円、中には額に関係なく必須としているところも出てきています。

よって、50万円を超える借り換え案件の場合、申込者の属性と信用情報がよほどいいものでもない限り、審査は長引くと考えておいた方がいいでしょう。

 

100万円以上の高額を借り換える場合

①消費者金融での借り換え

されではまずは先程と同じように消費者金融での借り換えの可能性です。

100万円を超えれば金利の高い消費者金融でも、利息制限法の上限金利設定の兼ね合いから、15.0%の金利が適用されることになります。

よって18.0%の金利適用で100万円の借り入れをしている場合、下記のように利息メリットを生み出すことができます。

・金利18.0% 利息180,000円
・金利15.0% 利息150,000円

その利息差は先ほどの100万円未満を銀行に借り換えしたほどのものではありますが、まずメリットはあると言えるでしょう。

しかも借り入れが200万円であれば下記のようにさらに利息差は大きくなります。

・金利18.0% 利息360,000円
・金利15.0% 利息300,000円

利息に及ぼす金利差の影響は借入額が大きければ大きいほどメリットを生み出すこととなるため、借り換え金額が大きいほど大きなメリットを生み出します。

よって100万円を超える借り換えの場合は、消費者金融であってもメリットは生まれると断言できます。

しかし、消費者金融は高額なカードローン借り換えを嫌う懸念も持っておいたほうがいいかもしれません。

それはアコムやプロミス、アイフルなど大手消費者金融が借り換え専用ローンを提供しているにもかかわらず、積極的にPRしていないからです。

しかも、下記に記したアコムの借り換えローンの条件を見てみても、利便性の高さで知られる消費者金融らしくない対応が見て取れます。

・申し込みは電話のみ
・契約は店頭もしくは無人契約機のみ
・提出する必要書類が多岐に及ぶ
・通常のカードローンよりも商品スペックが悪い

これは低金利で収益性の低い商品に力を入れるよりも、申込者が多く高金利で収益性の高い通常のカードローンを販売したいという表れとも言えるでしょう。

また上記の条件を見てもらえればお分かりでしょうが、即日融資に必要なWEB申込や、提出書類の単一化も望めないため、端から即日融資は無理であることが見て取れます。

よって即日融資を狙って消費者金融にカードローン借り換えを申し込んでも、徒労に終わる可能性が高いと考えられます。

 

②銀行での借り換え

借入金額が100万円以上と高額になるため、借り換えメリットの点においては消費者金融を遥かに凌ぐメリットを生み出すことが可能です。

銀行の中には東京スター銀行のように以前から借り換えローンを積極的に販売しているところもあり、その金利も下記のように群を抜いて低い設定が可能となっています。

 

・東京スター銀行スターワンバンクローン/のりかえローン
金利 7.8%~9.8%
最大限度額 1,000万円

 

よって先程と同じように18.0%の金利適用で100万円の借り入れをしている場合、上限金利が適用されたとしても、下記のように大きな利息メリットを生み出すことができます。

・金利18.0% 利息180,000円
・金利9.8%  利息98,000円

そして借り入れが200万円であれば下記のようにさらに驚く利息差を生み出します。

・金利18.0% 利息360,000円
・金利9.8%  利息196,000円

利息差が164,000円ともなれば、借り換えして大きなメリットがあったと胸を張って言えるでしょう。

しかし、100万円を超える借入れとなるため、いくら借り換えといっても即日融資に関しては絶対に不可能と断言してもいいでしょう。

審査時間に関しては、高額借入に対して即日融資を謳っているところはなく、慎重に時間をかけて審査が行われるのが一般的です。

借り換えローンを商品販売している東京スター銀行でも、審査が厳しく時間がかかるのがデメリットと言われています。

よって100万円を超える借り換えを銀行で行うには十分なメリットを生み出すことができますが、即日融資に関しては期待できないと考えておきましょう。

カードローン借り換えは低金利&完済が要点。しかし失敗するリスクも!

0170625122604

カードローンも借り換えがあるという事を知らないというケースも意外にあるようです。現在適用されている金利によっては、別のカードローンに借り換えをしたほうがお得になるケースもあります。カードローン借り換えのメリットやデメリット、おまとめローンとの違いなどについて、詳しく解説していきたいと思います。

カードローンの借り換えとは

カードローンの借り換えという言葉に聞き覚えが無い人は意外に多いです。
借り換えというのは、

 ローンの残高が残っている人が、
 他の銀行や消費者金融と新たに契約をして借入先を乗り換えること

を言います。つまり、現在のローンの残債を別のカードローンからの借り入れによって全額返済してしまうのです。

このようなローンの借り換えは、住宅ローンなどでよく行われています。しかし、カードローンにおいても、同じように借り換えをすることができます。ローン残高が何千万もあることが多い住宅ローンに比べると、カードローンの借り換えはまだ比較的簡単に行うことができる場合もあります。

借り換えをすることによるメリット

借り換えというのは、メリットを見出さないと行う意味がありません。どのようなメリットがあるのか、いくつかの例をご紹介します。

利息を軽くする

借り換えをする際には、現在借り入れを行っている銀行カードローンや消費者金融カードローンよりも金利が低い会社を選ぶことができます。借金をすることでもっとも負担が大きいのは支払利息です。そのため、利息の低い会社を選ぶことで、月々の負担を減らすことができ、より早く完済をすることができる可能性が高まります。

今現在借り入れをしているカードローンで、さらに利率を下げてもらうという事はなかなか難しいケースが多いです。そのため、利息を少しでも低くするためには、別のカードローンに借り換えをすることが近道だといえるでしょう。

例えば、年利が14.0%であり、借入残高が100万円だとします。単純計算で、1年間の利息の支払いは、14万円にも上ります。これを、もし年利10.0%の会社に借り入れをすることができれば、年間の利息支払額は10万円となり、余った4万円分を返済に充てることができるようになります。

もちろん、実際には月々返済していくため、このような単純な計算になりません。しかし、利息が低いことで、利用者が損をすることはありません。

より便利なカードローンにすることができる

利息を低くする以外にも、カードローンの利便性を求めて借り換えをすることができます。たとえば、利用できる地域が限定されているカードローンを利用していた場合、全国で利用できるカードローンへ乗り換えることもできます。よくあるのが地方銀行のカードローンや中小零細の貸金業者から借り換えるケースです。この場合は利便性が一気に高まることもあります。

また、借り入れに関する手数料が一切かからないようなカードローン会社を選んで、余計な負担がかからないようにすることも可能です。具体的にはATMの利用手数料などですね。
銀行カードローンはATMは大体どこでも使えますが、手数料がかかるケースとかからないケースがあります。そのため、利用手数料がかからないところに借り換えることで細かな負担を軽減することができたりもするわけです。
自分のライフスタイルに合わせて借り換える人もいます。

月々の返済額を変更することができる

さらに、現在のカードローンの月々の返済額が大きい場合、より返済額が低いカードローンへ借り換えることにより、毎月の負担を低くすることも可能です。ただし、最終的に返済すべき元本は変わらないので、完済までの期間が延びてしまうことを理解しておきましょう。できるだけ早く完済するためには、返済額は極力減らさないほうがよいでしょう。

借り換えをすることによるデメリット

カードローンの借り換えをするメリットは色々ありますが、デメリットも存在しています。どのようなデメリットがあるのか、いくつかご紹介します。

改めて審査を受ける必要がある

カードローンを受けるためには、審査を通過する必要があります。現在利用しているカードローンで行った審査と同じような審査を再び受けなければなりません。書類を揃えたりなどの、手間がかかる場合があります。

審査が厳しい傾向にある

始めてカードローンの審査を受ける場合、他社の借り入れがないため、審査に通過しやすい傾向があります。しかし、借り換えの場合は、その時点で契約中のカードローンの借入残高があるため、最初に審査を受けたときよりも厳しく審査をされる傾向があります。審査を通るための一定の対策が必要になることもあるでしょう。

場合によっては返済合計額が増えるリスクも

借り換えをするときに、借入利率が高い所を選ぶ人は少ないと思います。ただ、月々の返済額について、意識をしていない人が多いです。

月々の返済額が異常に低く設定されていると、それだけ完済までの期間がかなり長くなる可能性があります。その場合、せっかく借入利率を低くして、利息を抑えたとしても、返済期間が延びることで、利息は膨れ上がっていき、トータルの返済額が膨れ上がる可能性がありますので注意が必要です(当然ですが元本は変わりません)。そのため、借り換えをする場合は、月々の返済額をあまり減らさずにできるだけ早く完済することに重きを置く必要があります。

不便になることがある

借入利率を重視して、借り換え先のカードローン会社を選んだ場合、会社によっては不便になる可能性があります。提携先が少なく、利用場所が限られてしまうことや、手数料が高くなるなどの事態があるかもしれません。借り換えを行うことによって不便になった場合、日々の生活において困ることが無いかどうかを事前に確認しておく必要があります。

おまとめと借り換えにはどのような違いがある?

借り換えの際に、よく間違えられてしまうのが、おまとめと同じではないかという事です。一見似ているようですが、全く違うものと考えてください。

具体的に説明すると、借り換えというのは、現在借り入れをしている業者が1社であり、そこから他の業者に乗り換えをするという事で、1対1のやり取りとなります。

一方で、おまとめというのは、すでに複数のカードローン業者から借り入れを行っており、その借り入れを他の1社に絞って、まとめることを言います。

借り換えとおまとめによって、それぞれのサービス内容や、借入利率などに違いがある場合が多いです。自分自身が、どちらに該当するのかを確認しておくようにしましょう。

カードローンの借り換えをする際の利率に関するポイント

カードローンの借り換えをする際には、次のような利率のポイントを押さえておきましょう。

会社による借入利率の違い

同じ借り換えであっても、カードローン業者によってその利率は大きく変わってきます。

ここでは、銀行系のカードローンでの100万円の限度額の借入利率についてご紹介します。同じ銀行であっても、審査内容や条件によって金利が変わる可能性があります。

・みずほ銀行カードローン 年12.0%
・三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 年13.6~14.6%
・りそな銀行 りそなプレミアムカードローン 年11.5~11.5%
・三井住友銀行カードローン 年12.0~14.5%
・住信SBIネット銀行 年7.39~14.79%
・ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 年15.0~15.0%
・楽天銀行 スーパーローン 年9.6~14.5%

借入限度額により金利が違う場合も

先にご紹介したのは、あくまでも借入限度額が100万円である時の借入利率の一覧です。しかし、同じ銀行の同じカードローンサービスであっても、審査を通過した借入限度額によって利率が変わってきます。

ここでは、みずほ銀行のカードローンでの例をご紹介します。

・10万円以上100万円未満 年14.0%
・100万円以上200万円未満 年12.0%
・200万円以上300万円未満 年9.0%
・300万円以上400万円未満 年7.0%
・400万円以上500万円未満 年6.0%
・500万円以上600万円未満 年5.0%
・600万円以上800万円未満 年4.5%
・800万円 年2.0%

みずほ銀行のカードローンでは、住宅ローンを利用していることでここからさらに0.5%引き下げをすることができます。

みずほ銀行に限らず、借入限度額によって金利をかなり抑えられることが多いです。

ただし、希望する借入限度額が高ければ高いほど、審査が厳しくなります。審査によっては、希望借入限度額よりも低い枠を提示される可能性もあります。自分がどれくらいの借り入れが必要なのか、事前に把握をすることは難しいですが、その心づもりはしたうえで、カードローン会社を選ぶようにしましょう。

借り換えはどのような人に向いている?

カードローンの借り換えは、誰にでもメリットがあるわけではありません。特に借り換えをしたほうがいい人というのは、どういう人なのかについてご紹介します。

何年もに渡って増額もなしに利用している人

借り換えというのは、現在の借り入れに対する負担を少しでも楽にして、借金の完済までの予定をはっきりとさせることを目的としています。要するに借入利率が低い、低金利なカードローンを選ぶのが大前提となります。

この場合、古くからカードローンサービスを利用している人ほど、この恩恵を受けることができる可能性が高くなります。

最近では、銀行も消費者金融もカードローンの利用者を少しでも得るために、金利を引き下げる傾向にあります。

しかし、古くから利用している人の場合、限度額の増額もなしに金利が下がることはまずありません。一旦古い付き合いはリセットし、新たな別のカードローンに借り換えをすることで、一気に利息が低くなる可能性もあるのです。

利便性が少ないと感じている人

現在利用しているカードローンの提携先が少なく、手軽に利用することができない場合、より便利なカードローンに借り換えをすることで、返済だけではなく借り入れも簡単にできるようになる場合があります。

月々の返済額が高いと感じている人

月々の借り入れの返済額が高額で、日々の生活に支障をきたしている場合は、月々の返済額が低く設定されているカードローンを選んで借り換えをするとよいでしょう。

やみくもに借り換えすればいいのではない

ただやみくもに何でもかんでも借り換えをすればいいというわけではありません。

確かに借り換えは、低金利なカードローンへ借り換えるだけで、月々の負担を減らせる場合が多いです。

しかし、それによって、さらに借り入れを増やしてしまう場合もあります。負担が低いからといって、もう少し借りてもいいと思ってしまう人の場合です。

借り換えの最終目標は、「できるだけ早い完済」です。借り換えの目的を明確にして、借り換えるようにしましょう。

借り換えの審査に通りやすくするためには

先に解説したように、借り換えの審査はすでに借り入れのある状態で行われるため、審査が厳しくなる傾向にあります。もし、借り換えの審査を少しでも通りやすくするためには、次のようなことに気をつけるようにしましょう。

借入残高を少しでも減らす

カードローンの借り換えの審査でもっとも重視されるのが、現在の借入残高です。借り換えの申込をする前に、少しでも返済をしておくことで、借り換えの審査に通りやすくなる可能性があります。

利率が低すぎないか?

借入利率を少しでも低くしたいという気持ちは、誰にでもあるでしょう。しかし、あまりにも低い利率のカードローンサービスは、それだけ審査も厳しくなる傾向にあります。例えば住信SBIネット銀行の場合、低金利ではありますが、口コミをチェックしていくと、年収が400万、500万あっても審査に通らなかったという人が珍しくありません。

極端に低金利の所に固執するのではなく、適度に低い所を選ぶのも審査を通るための秘訣といえるでしょう。

消費者金融への借り換えは要注意

消費者金融には、貸金業法という法律が適用されていて、年収の3分の1以上の融資はしてはならないことになっています。
この規制は中小零細の街金業者はもちろん、銀行系列で業界大手のアコムやプロミスにも適用される規制です。
こうした消費者金融を選ぶ場合は自分の年収がいくらなのか、その3分の1はいくらなのかを把握し、借り入れができそうなことを確認してください。そうでなければ門前払いとなってしまいかねません。

カードローンの借り換え以外の方法

借り換えをするのは、なにもカードローンからカードローンである必要はありません。

もし、借り入れをしている資金の目的が、車を購入するための資金であったり、子供の教育に関する資金であったりする場合、マイカーローンや教育ローンなどの目的別ローンに借り換えをすることも可能となっています。

ただし、この場合一度借り換えをしてしまうと、カードローンのように手軽に追加借り入れをすることができなくなります。

また、資金の使用使途が限定されるため、自由に使うことができなくなる可能性があります。今まで通り、カードローンで利用したい場合は、カードローンで借り換えをするようにしましょう。

しかし、目的別ローンは多目的であるカードローンに比べると借入利率がかなり低く設定されていることが多いです。もし、今後借り入れをすることがなく、少しでも返済の助けにしたい場合は、このような方法も検討対象にしても良いでしょう。

カードローン借り換え時の限度額(融資枠)の注意点

カードローン借り換えの注意点

カードローンを展開している銀行などに融資を申し込むと、審査を受けることになります。審査の結果、具体的に何円のお金を融資してもらえるのかが決まります。それが限度額、あるいは融資枠というものです。

限度額(融資枠)は、カードローンを利用する人によってそれぞれ違います。言うまでもないですが、銀行側も事業としてお金を貸すわけですから、信用度の高い低いによって貸せる金額を決めていくからです。

信用度=返済能力であって経済力ではない

この場合の信用度というのは、要するに返済能力ということになります。

よく、経済力が高い人(収入が多い人)が信用度が高いと勘違いされますが、それは違います。年収が1000万円を超えるような人であっても、高額の借金をしており、月々の返済に窮してより低金利なカードローンの借り換えに奔走しているというケースもそれほど珍しくはないからです。

年収1000万円あってもそれ以上に月々の返済が多ければ返済能力は高いとはいえません。場合によってはどこのカードローンも審査落ちということもあるでしょう。
お金を貸す側は、返済余力が充分にある人にできるだけ多くのお金を貸すというのが基本になっています。

広告にある限度額は上限額

以下は大手の銀行や消費者金融のカードローンの限度額を一覧にしたものです。

三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
最高500万円
みずほ銀行カードローン最高800万円
オリックス銀行カードローン最高800万円
イオン銀行カードローン最高800万円
アコム最高800万円
プロミス最高500万円
モビット最高800万円

これを見て、人によっては
『高額融資に対応してるから』
といって銀行のカードローンに申込んだりします。もちろん、銀行サイドが公にしている限度額ですからその額まで借りれる可能性があるのは間違いありませんが、実際のところ上記の限度額を設定されるのは非常に稀です

例えば、限度額が500万円のカードローンがあったとしても、申し込んだ人全員が500万円の融資を受けられるわけではありません。

中には本当に500万円の融資を受ける人もいますが、別の人は400万円や300万円までだったり、また別の人は100万円とか50万円、時には10万円までだったりすることもあるのです。そして、人によっては審査の結果、融資枠は0円、融資できませんよという審査落ちだってあるわけです。

このように、限度額(融資枠)が何円になるのかは、決して本人の希望によって決まるわけではありません。あくまでも銀行や消費者金融側の審査の結果によって決まるのです。ですから利用者の中には、与えられた融資枠に満足することができない人も現れてくるのです。そしてまた別のカードローンに申し込み、複数の借金を抱え、、、というように多重債務状態になっていきます。

小口で借り入れというのが一番高金利

希望する金額を借りられないからと他のカードローンを申込むと、おそらく次のカードローンではさらに低い限度額での融資となります。そして厄介なことに、限度額が低いカードローンの金利は高めに設定されてしまいます。

同じ200万円のカードローンの借金でも、200万円の限度額で借入している場合と500万円の限度額で借り入れしている場合とでは金利が大きくことなってくるわけです。

これがカードローン借り換えを希望する人が出て来る背景になります。

当然ですが新しいカードローンに借り換える場合も審査はあります。既に他社のカードローンを利用している人の借り換えだからと言って、審査の難易度が低くなるようなことはありません。むしろ、よりシビアに審査されることも充分ありえます。

カードローンの借り換え審査に通りやすくなるには

そんなカードローンの借り換えですが、少しでも審査に通りやすくするためには、やはり属性アップに励むことが重要です。

属性アップというと難しく聞こえますが、要は信用度を上げることです。信用度を上げるには、

カードローン借り換えを増額申請で乗り切る

カードローンの借り換えを成功させるためには、何も新たなカードローンにばかり目を向ける必要もありません。

既存の、つまり、既に利用しているカードローンの限度額を増額するというアプローチで借り換えを成功させることも可能な場合があります。

一般的なカードローンであれば、金利は限度額の高さによって決まってきます。

そして、限度額が高ければ高いほど、金利は低く設定されます。例えば、30万円の限度額よりも100万円の限度額を設定してもらったほうが金利は安いのです。

もし仮に、あなたのカードローンがすべて限度額50万円以下であれば、そのうち一社の限度額を増額申請することで、カードローンの借り換えがうまくいくかもしれません。

増額による借り換えをする前に可能性を探る

勘違いしがちなのですが、増額申請が新たなカードローン契約と比べて通りやすいかというとそんなことはありません。増額申請をすると、そのための審査を銀行なり消費者金融なりは行います。

当然、審査基準に沿った人でないと増額は認めてもらえません。特に以下のような場合は申請が通りにくくなるので注意しましょう。

延滞している

今利用しているカードローンやその他のローンで一つでも延滞をしているものがあれば、増額申請はまず通りません。約定返済日をうっかり忘れていて1日遅れで入金したことが一度だけあるとか、そういう軽微な延滞の場合だと金融機関によっては通る場合もあるようですが、それも非常に稀なことなので延滞があれば諦めたほうが良いでしょう。

収入が減っている

今利用しているカードローンの審査をしたときと就労環境が変わっており、収入が減っているという場合は増額申請しても通らないことがあります。
カードローン審査はあくまでも返済能力の高さによって限度額が決まってきますから年収が減っているような場合は注意が必要です。
また、収入が減っているのに申請してしまうと逆に限度額を減額される可能性もあります。リスクは高くなるのでこういう場合は増額申請ではなく新たなカードローンで借り換えに挑戦して見るほうが得策です。

転職している

転職して職業がガラリと変わっている場合もマイナス評価を受ける場合があります。例えば事務系の仕事から肉体労働系の仕事に転職していると、怪我をするリスクが高まるといった見方をされてしまうかもしれないのです。

以上が増額審査でマイナスとなりかねない条件です。上記以外にも、収入は減ってないけど社内の立場が降格しているとか、同じ会社だけど会社の業績が著しく悪くなっているとか、住所が変わったとかいったこともリアルタイムで連絡してなければ信用度の低下要因ですので状況に変化があれば増額申請前に連絡しておくようにしてください。

以上みてきたような項目に当てはまらなければ、増額申請による借り換えにチャレンジする価値はあります。既に利用しているカードローンですから新たに契約の手続きをすることはありませんし、使い勝手も心得ているので安心感は高いといえるでしょう。

増額借り換えのステップ

増額による借り換え、おまとめは一度に完了しなくても2ステップ、3ステップで進めるなどすることも視野に入れておきましょう。経験者の声を見ていくと、限度額が50万円以下の場合、50万円程度まではスムーズに増額出来るケースが多いようです。
これは50万円が貸金業法上の一つの区切りであるためだと考えられます。貸金業法上は、一社で50万円までであれば収入証明書もなしで融資をしても良いことになっています。他社も含めると100万円までです。逆に言うとそれ以上は業者側もいろいろな手間が発生してくるので若干ハードルが上がるということです。

貸金業者ではない銀行も同様で、50万円が一つの区切りになっているケースをよく聞きます。
また、銀行によっては増額可能な人はその都度銀行サイドから『増額しませんか?』といった勧誘がメールや電話でくるようです。ネット銀行などがそうで、銀行によっては利用者側からの増額申請は認めていません。増額が可能な人にはすべて銀行側から連絡をするようになっているそうです。

step_1
どのカードローンで増額申請するか決める
今借りているところの中で一番利率が低いところをピックアップします。この時、『増額後の利率で比較する』ということに注意してください。50万円~100万円くらいまでであれば、どの銀行や消費者金融も利率はほぼ上限利率に近い率が採用されています。となると、上限利率がほぼ18%で横並びの消費者金融よりは14%台で横並びの銀行カードローンで増額申請したほうが得策ですね。
また、100万円を越えてくるとカードローンによって利率の設定に差が出てきます。よく比較して検討しましょう。

step_2
増額申請可能かどうか確認して申請する
既述の通り、某ネット銀行のように、利用者側からの増額申請はできないところもあります。FAQを見たり電話で直接聞いたりして増額申請が可能かどうかを確認しましょう。

step_3
審査結果を待つ

step_4
【OKの場合】
増額できた分を借り入れ、金利が高かったり返済額が多かったりするカードローンの返済に充てましょう。
また、返済をしていって低金利なところに余裕ができれば、優先的にそこから借り入れて金利の高いところへ返済していき、一日も早く借りているカードローンの件数を減らしましょう。

【NOの場合】
問題なくカードローンを利用しているのに増額申請が通らない場合は増額申請による借り換えは難しいかもしれません。
ケースバイケースだろうとは思われますが、そういうケースは思い切って新たなカードローンでの借り換えに切り替えるのも一つの手です。利率を基準に判断していきましょう。
ただし、増額が厳しい場合は新規も厳しいかもしれません。申込みブラックにならないよう、増額1社、新規1社にとどめるようにしてください。立て続けに3社以上に審査依頼してもあまり良い結果につながりません。

以上、増額申請によるカードローン借り換えについて見てきました。
とにかくカードローンの借り換えは金利勝負ですから金利をいくら下げることができるのか、そういったアンテナは日頃から強く張っておくようにしてください。

夫婦の借金を借り換えでおまとめしたい時は

借金をしている人の中には、夫婦それぞれがカードローンなどで借金を抱えており、それらをどこかに借り換えしておまとめしたいという人もいるでしょう。
実際、『夫婦の借金をまとめたい』いった類の質問はQ&Aサイトにもいくつも投稿されています。返答はほぼ決まっていて、『弁護士に相談して債務整理』か『親に肩代わりしてもらう』といった回答が多く見られます。

『夫婦の借金についてどなたか知恵をお貸し下さい。』
夫手取り20万・借金145万
妻手取り14万・借金100万
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13157007183

『25歳の夫婦です。借金が200万円あります。』
夫が病気で働けなくなり家計収入が半分以下に。
借金は200万円
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14163950454

『借金返済について… 1年前くらいから夫婦で借金しています。』
夫 借金170万円(消費者金融3社)
妻 借金50万円(消費者金融と銀行)
他にクレジットカード返済毎月3万
おまとめローン審査は否決
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11154059091

『夫婦の借金について。』
夫 借金60万 収入25万
妻 借金50万 収入15万
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12114103372

まず、夫婦の借金を借り換えによってまとめることが可能かどうかですが、これは可能な場合もあります。
どちらかの名義でカードローンやおまとめローンの契約をして多めの借金をし、パートナーの借金返済に充てればOKです。借り換えですね。

ただし、やはり審査はありますし、現状の収入や支出の状況によっても取れる選択肢は限られてきます。やろうと思えば多めの借り入れができるのかどうかが一つのポイントです。

そうしたことも踏まえ、夫婦で借金がある場合の対策を考えるとなると、おおまかには選択肢は3つです。そして経済的な余力があるかどうかで優先順位は変わってきます。

1.金利の低いところに借り換える
2.公的機関の生活補助制度を利用する
3.債務整理をする

なお、今回は“親など親族を頼る”という選択肢は省いていますが、頼れる状況ならそれが一番良い選択肢かもしれません。

低金利なローン(おまとめローンやカードローン)に借り換え

これは経済的な余力があり、借金をなんとかして完済しようという意欲のある人向けの方法になります。経済力があるというのは一概にひとくくりにはいえないですが、大まかに言うなら

◯収入が400万円以上ある
◯家計の節約をする余地が大きい

といった場合を指します。年収400万というのは低金利カードローンやおまとめローンの一部で貸付条件の一つとなっている年収水準です。年収を貸付条件に挙げてないところもたくさんあるのであくまで参考程度でしかありませんが、一応の目安と考えることはできるでしょう。もちろん、年収1千万円の人でも自己破産することもありますから年収400万円でOKということではありませんが、要はいかにして返済に回すお金を捻出できるか、その余力があるかということになってきます。

夫婦ということは、その後の人生はより具体的な出費が控えていることも多いはずです。お子さんがいらっしゃれば教育資金は大なり小なり必要になってきますし、ご両親が高齢になってくれば介護その他の支えをしていく必要が出てくるかもしれません。

20160926121111

そうしたことを考慮するとしたら、新たな借金が何年にもわたって一切できなくなる債務整理(任意整理や自己破産)よりは借金完済のほうがはるかにマシです。将来、その気になればお金の融通ができるという状況にしておくには、完済しかありません。

1人では難しいことも夫婦ふたりであれば補い合うことでなんとか節約できることもあります。借り換えはそうした対応が可能である人向けの方法といえます。

公的機関の生活補助制度を利用する

自治体などでは、生活困窮者を対象に、短期の貸付をしてくれる場合があります。

緊急小口資金貸付

低所得の世帯を対象にした無利子の貸付制度で、各市町村の社会福祉協議会が行っています。ただし、小口と名が付いている通り、貸付額は10万円までです。
また、審査もありますし、相談員による聞き取りもあり、その内容によって貸付をしてもらえるかが決まってきます。

生活福祉資金貸付制度

主に低所得の世帯を対象に低金利または無利子の貸付制度になります。こちらも社会福祉協議会が実施しています。
貸付してくれる額は二人以上の世帯で月に20万円、単身世帯で月に15万円です。最長で12ヶ月間の貸付をしてくれますから総額でいうと最高240万円まで借り入れが可能です。

保証人の有無によって利率が変わるのが特徴で、保証人がいれば無利子、保証人がいなければ1.5%で貸付してもらえます。カードローンで一番利率が低いのが2016年9月現在で三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックで、条件を満たせば1.8%となっていますから、それよりもさらに低金利ということになります。

返済期間(償還期間)は最長で20年となっていますから公的機関らしい手厚い制度といえるでしょう。
ただし、こちらも利用するには各機関からの継続的な支援を受ける必要があります。痛くもない腹を探られることもありますのでその辺りは覚悟が必要かもしれません。

上記以外にも、生活保護や各種保険、住宅取得の支援制度などが各自治体及び外郭団体で行われています。気になる人は住んでいる自治体の社会福祉課に確認をしてみると良いでしょう。

債務整理をする

最後の選択肢が『債務整理をする』です。債務整理には金利や返済期間を見直す任意整理、裁判所の裁定により借金を減額する個人再生、裁判所の裁定により借金返済を免除してもらう自己破産の3つがあります。どれも個人信用情報機関に事故情報として登録されてしまいますからその後6年~8年程度は新たな借金はできなくなります。カードローンの利用はもちろん、住宅ローンやクレジットカードすら利用できません。いわゆる”ブラックリストに載った”というような状況です。
この選択肢を取るのは、もうどうしようもなく借金が膨れ上がってしまい、借金返済をしていてはその後の人生がお金に追われて終わってしまうような事態が想定されるケースです。

カードローン借り換えなどの対処は早めに

以上、対応策を幾つかみてきましたが、カードローンの借り入れが膨れ上がっていけば、必ず他のカードローンに借り換えするだけでは対応できなくなります。
膨れ上がる前が辛抱のしどころではありますが、どうしても耐え切れずに借金が膨らみそうな場合は債務整理の対応を取る前段階で他の利率の低いカードローンに借り換える、仕事を増やして収入を上げる、節約して支出を減らすといった取り組みが必須になります。

リボ払いとカードローン。借り換えすべきケース

Credit Card in hand, isolated on white background買い物の代金支払いでクレジットカードを利用することが多くなっています。ちょっとした買い物なら翌月一括で、ちょっと高めの買い物だとリボ払いで・・・なんてケースも珍しくありません。

リボ払いとは?

リボ払いとは、”リボルビング払い”の略称で、クレジットカードなどの支払い方法の一つです。

利用した金額に対し、予め決められた一定額を毎月支払っていく方法になります。支払金額が予め決められているというのがミソで、支払い額が一定であるがゆえに家計を安定させやすいという点がうけています。

リボ払いのメリットとデメリット

20160824105639メリットについては上記でも解説したように支払額が一定であるということです。例えば、何か高額なものを分割払いで購入すると、購入額に応じて支払額が決定するので、買う度に毎月の支払額は変動するのが当たり前でした。
しかし、リボ払いで購入した場合には、支払額のほうを予め5000円とか1万円とか決めているので、それ以上の支払いをすることがありません。つまり、出て行く金額が一定であるために懐具合の算段をつけやすいというわけです。

一方、そのことがデメリットにもつながってきます。
購入する金額に関係なく支払額を一定にするということは、返済期間が長くなるということです。

例えば20万円の家電を購入したとして、毎月4万円支払う場合と、毎月1万円支払う場合とでは、1万円支払う方が支払い期間は当然長くなります。支払い期間が長引くということはそれだけ手数料を支払うことにもなりますから、返済総額が上がったり、なかなか完済できないというストレスを抱えやすいというデメリットがあります。

リボ払いを借り換えるなら銀行カードローン

数多くのカードローンを検証してきた当サイトがリボ払いからの借り換えでおすすめするのは銀行カードローン、中でもみずほ銀行カードローンとオリックス銀行カードローンがイチオシです。

クレジットカードの金利は手数料という名目になりますが、利率にすると15%~18%です。

オリックス銀行カードローンの場合、下限金利が1.7%という大変な低金利です。ここまでの低金利水準での借り入れは難しいかもしれませんが、例えば100万円コースだと利率は6.0%~14.8%です。もし6.0%で借り入れができたらこれはみずほ銀行以上の低金利ということになります。
限度額がさらに高額になればオリックス銀行の強みがいきてきます。

【オリックス銀行貸付条件】
金利 審査 保証人・担保 年会費・手数料 限度額最高
1.7%〜17.8% 来店不要 不要 なし 最高800万
アルバイト・自営業可
※毎月安定した収入のある方が対象

【オリックス銀行リボ払いの借り換えはこちら】
OBK_468x60_FB4_1707

また、みずほ銀行カードローンだと、利率は年2.0%~14.0%

どんなに高くても年14.0%ですから安心して借り換えることができ、多くの方が申し込まれています。

【みずほ銀行貸付条件概要】
必要書類 金利 審査 保証人・担保 年会費・手数料 最大限度額
公式サイトにてご確認ください。 年2.0%〜14.0%
来店不要 不要 無料 800万円
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

⇒みずほ銀行カードローンはこちら

カードローンに借り換えた方が良いケース

クレジットカードには抵抗がないという人がいる一方、カードローンに対してはアレルギー反応を示す人も少なからずいます。やはり、”金貸し”、”街金”といったイメージが根強いのだと思われますが、実はリボ払いの残高によっては、カードローンの方がはるかにお得に利用できることもあります。高額商品を立て続けに買ってリボ残高が何十万、あるいは100万円以上溜まってしまっているという方は特に借り換えを検討すべきでしょう。

リボ払いの場合、クレジットカード会社に支払う手数料は利率でいうと15%程度と言われています。一方、カードローンの場合は金融機関によって差があるものの、2%前後~18%まで幅があります。銀行カードローンやネット銀行の人気どころで言えば2%前後~15%弱がメインの利率です。つまり、カードローンの方がリボ払いよりは利率(手数料)を低く抑えられる可能性が少なからずあるわけです。

ただし、カードローンに借り換えをすれば誰でも必ず得するというわけではありません。借り換えするならそれなりに留意しておくべきこともあります。

できるだけ限度額を高めに申し込む

カードローンの利率は審査で各社の規定により設定されます。そして利率決定に一番大きな影響があるとされるのが限度額です。
同じ30万円を借りるのでも、限度額300万円の人が30万円を借りるのと、限度額50万円の人が30万円を借りるのとでは利率は全く異なってきます。

例えば、みずほ銀行、オリックス銀行、住信SBIネット銀行を比べると以下のようになります。

 

銀行名 限度額300万円の場合 限度額50万円の場合
みずほ銀行
⇒貸付条件はこちら
年7.0% 年14.0%
オリックス銀行
⇒金利確認はこちら
5.0%~12.8% 12.0%~17.8%
住信SBIネット銀行 8.99% 14.79%

上の表を見ても明らかなように、限度額が大きい方が適用される利率は低くなります。みずほ銀行のカードローンなどは倍も違いますね。限度額300万円の人のほうが圧倒的に低い利率で借り入れすることが可能になるわけです。

『クレカからカードローンなんて怖いからちょっとだけ・・・』

なんて思って少ない融資枠で契約すると、上限金利での契約になる可能性が極めて高いですから、結果的にはおすすめとはいえません。

なお、上記の表以外にも低金利で使い勝手の良い銀行カードローンがあります。以下の一覧の中から選ぶのも良いでしょう。
ginkouli

というわけで、リボ払いで数十万円以上の借り入れがあるような場合は、限度額が高めのカードローンで借り入れを行えば、かなりの負担軽減になります。

なお、カードローンの限度額が多い少ないによって他の出費が変動することはありません。限度額が高い方が利率が低くなりお得になるというだけですから、申し込む際には少なくとも100万円以上の限度額で申し込むようにすると良いでしょう。

注意点

カードローンに借り換えをする場合の注意点は2つあります。

一つは銀行カードローンで限度額を高めにして申し込むこと。

ここを間違えると借り換えする意味が出てきません。

例えば、消費者金融のアコムやプロミスで50万円の限度額で審査に通ったとしても、それだと利率は18%程度でしょうからリボ払いのほうがまだ利率が低いということになり損をします。

同様に、銀行カードローンであっても限度額が100万円未満での審査可決となると利率は15%あたりになる確立が高くなります。そうなると損はしないでしょうが借り換えをする意味がある状況とはいえません。

もっとも、最初は多少高めの利率であっても、真面目に返済をしていくことで限度額が増額され、利率も下がるということがカードローンではよくありますから、そこを狙うのも一つの方法ですね。

リボ払いを続けている限り、利率が下がることはありません。カードローンなら下がる可能性がある。これはカードローンに借り換えをするメリットといえるかもしれません。

あともう一つはカードローンに借り換えた後、カードローンの借金を膨らませないということです。

クレジットカードのキャッシングはカードローンに借り換えしたほうが良いか

a man that flying with credit card昔は個人が生活費を借りるとしたら消費者金融が手っ取り早い選択肢でした。銀行の融資もありましたが、審査に時間がかかる上に準備する書類も多く、

『明日には◯万円必要』

といったケースに臨機応変に対応するには無理があったからです。

しかし、生活費が不足した人がみんな消費者金融にお金を借りにいったかというともちろんそうではありません。むしろ、多くの人はもっと身近な選択肢を選んでいました。

それはクレジットカードのキャッシングです。

クレジットカードは、ショッピングをする際の代金支払い代行以外にもキャッシング枠というものがついており、希望すれば20万円とか30万円のキャッシング枠を設定してくれます。

キャッシング枠がもらえるかどうかは審査次第ではありますが、初めてクレジットカードを作るような人であれば問題なくキャッシング枠がつくことがほとんであり、いざというときにはそれを利用して現金を借り入れることが可能です

クレジットカードのキャッシングの金利は15%~18%

一部のクレジットカードは、キャッシング金利は手数料という形になっているため、利率がいくらなのか明記がありません。しかし、一般的にはクレジットカードのキャッシング手数料を利率になおすと15%~16%以上だと言われています。また、利率を表記しているところを見ていくと、ほとんどが15%~18%という利率設定になっています。

クレジットカードのキャッシング金利例

三井住友VISAカード・・・15%~18%
楽天カード・・・18%
ライフカード・・・15%~18%
エポスカード・・・18%
JCBカード・・・15%~18%
iB・・・15%~18%

15%であれば消費者金融を少額利用する場合の18%と比べて低金利ですが、銀行カードローンと比べるとやや高めの利率ということになります。しかも、ほとんどの場合は15%の利率は一部の優良顧客(ゴールドカードなど)に対する優遇利率であり、普通に使っている人は18%となるのが一般的です。ちなみに、銀行カードローンの上限利率は14%台が一般的です。

20160810230345

 

このように、クレジットカードのキャッシング利用は金利という点だけに着目すれば決して賢い選択とは言えません。しかし、月に数万円程度の少額のキャッシング利用で終わっているうちは気にするような差にはなりませんから借り換えを考える必要もないでしょう。

 

カードローンに借り換えを検討した方が良い水準とは

借金がクレジットカードのキャッシング利用分のみという場合、カードローンに借り換える方が明確に得になるケースはあまりありません。なぜならクレジットカードのキャッシング枠というのは、多くの場合は30万円程度だからです。

仮に30万円満額借りきっているとしても、多くの銀行カードローンの利率に適用すれば14%台の利率となります。借りているお金が数十万円で利率の差が3%、4%といったレベルだと、月々の負担感はそう変わるものではありません。借り換えることで心理的な負担が大きく減るとはいいがたいわけです。

消費者金融に借り換えても無意味

最近では、消費者金融も基本金利を引き下げてきており、そちらに目が向く人もいるかもしれません。

最近の消費者金融の基本金利
アコム・・・3.0%~18.0%
SMBCモビット・・・3.0%~18.0%
プロミス・・・4.5%~17.8%
(2016年8月時点)

上記の大手消費者金融の利率を見てしまうと、3.0%や4.5%という利率を前提に考えてしまいがちですが、この利率が適用されるのは最高の限度額で契約ができた場合です。限度額の最高額は、アコムやSMBCモビットなら800万円、プロミスなら500万円です。しかし、最初に契約する際は数十万円の限度額での契約となることが圧倒的に多いですから、利率は18%前後になります。つまり、

消費者金融に借り換えてもあまり意味がない

ということになります。高額での契約でなければ借り換えをする意味はないばかりか、逆に損をする可能性もありますので注意しましょう。

借金総額が100万円超えている場合に借り換えを検討する

ではどんなときにカードローンへの借り換えを検討すべきかというと、クレジットカード(キャッシング利用分)や他のカードローンなどの借入総額が100万円を超えている場合です。クレジットカードのキャッシングのみでも100万円、200万円と借りれることもありますから、そういったケースももちろん借り換えを大いに検討すべき水準といえます。

仮に100万円台の借金総額であれば、それをどこか低金利なカードローンに借り換えれば利率は12%前後にまで下げることが可能です。もし、借金総額が200万円を超えているのであれば、多くのカードローンで10%以下の金利が視野に入ってきます。

つまり、クレジットカードだけではなく、借金総額という少し俯瞰した見方が必要になってくるというわけですね。

例えば、クレジットカードのキャッシング利用や消費者金融、なんでもいいですが借金として210万円程度の借り入れがあった場合、このレベルの額を銀行カードローンに借り換えできれば利率は一気に10%~12%前後にまで下げることも可能になってきます。

こちらは現在人気が高い銀行カードローンを100万円~200万円前後の限度額で契約した場合の利率一覧です。

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』 年10.6%~年13.6%
イオン銀行カードローン 年8.8%~13.8%
みずほ銀行カードローン 年12.0%
楽天銀行カードローン 年9.6%~14.5%
>>借り換えにおすすめなカードローン<<

上記を見るとわかるように、

サブコンテンツ

このページの先頭へ