カードローン借り換え時の限度額(融資枠)の注意点

カードローン借り換えの注意点

カードローンを展開している銀行などに融資を申し込むと、審査を受けることになります。審査の結果、具体的に何円のお金を融資してもらえるのかが決まります。それが限度額、あるいは融資枠というものです。

限度額(融資枠)は、カードローンを利用する人によってそれぞれ違います。言うまでもないですが、銀行側も事業としてお金を貸すわけですから、信用度の高い低いによって貸せる金額を決めていくからです。

信用度=返済能力であって経済力ではない

この場合の信用度というのは、要するに返済能力ということになります。

よく、経済力が高い人(収入が多い人)が信用度が高いと勘違いされますが、それは違います。年収が1000万円を超えるような人であっても、高額の借金をしており、月々の返済に窮してより低金利なカードローンの借り換えに奔走しているというケースもそれほど珍しくはないからです。

年収1000万円あってもそれ以上に月々の返済が多ければ返済能力は高いとはいえません。場合によってはどこのカードローンも審査落ちということもあるでしょう。
お金を貸す側は、返済余力が充分にある人にできるだけ多くのお金を貸すというのが基本になっています。

広告にある限度額は上限額

以下は大手の銀行や消費者金融のカードローンの限度額を一覧にしたものです。

三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
最高500万円
みずほ銀行カードローン最高1000万円
オリックス銀行カードローン最高800万円
イオン銀行カードローン最高800万円
アコム最高800万円
プロミス最高500万円
モビット最高800万円

これを見て、人によっては
『高額融資に対応してるから』
といって銀行のカードローンに申込んだりします。もちろん、銀行サイドが公にしている限度額ですからその額まで借りれる可能性があるのは間違いありませんが、実際のところ上記の限度額を設定されるのは非常に稀です

例えば、限度額が500万円のカードローンがあったとしても、申し込んだ人全員が500万円の融資を受けられるわけではありません。

中には本当に500万円の融資を受ける人もいますが、別の人は400万円や300万円までだったり、また別の人は100万円とか50万円、時には10万円までだったりすることもあるのです。そして、人によっては審査の結果、融資枠は0円、融資できませんよという審査落ちだってあるわけです。

このように、限度額(融資枠)が何円になるのかは、決して本人の希望によって決まるわけではありません。あくまでも銀行や消費者金融側の審査の結果によって決まるのです。ですから利用者の中には、与えられた融資枠に満足することができない人も現れてくるのです。そしてまた別のカードローンに申し込み、複数の借金を抱え、、、というように多重債務状態になっていきます。

小口で借り入れというのが一番高金利

希望する金額を借りられないからと他のカードローンを申込むと、おそらく次のカードローンではさらに低い限度額での融資となります。そして厄介なことに、限度額が低いカードローンの金利は高めに設定されてしまいます。

同じ200万円のカードローンの借金でも、200万円の限度額で借入している場合と500万円の限度額で借り入れしている場合とでは金利が大きくことなってくるわけです。

これがカードローン借り換えを希望する人が出て来る背景になります。

当然ですが新しいカードローンに借り換える場合も審査はあります。既に他社のカードローンを利用している人の借り換えだからと言って、審査の難易度が低くなるようなことはありません。むしろ、よりシビアに審査されることも充分ありえます。

カードローンの借り換え審査に通りやすくなるには

そんなカードローンの借り換えですが、少しでも審査に通りやすくするためには、やはり属性アップに励むことが重要です。

属性アップというと難しく聞こえますが、要は信用度を上げることです。信用度を上げるには、

“借りて、返して”

を繰り返すことが一番の早道です。

毎月の返済約定日には一日も遅れてはいけません。返済遅れは金融事故の最たるもので個人信用情報機関に事故情報として記録されてしまいます。また、カードローンの申し込みをする際に一度に3社も4社も申し込みをするのも事故情報(ブラックリスト)に近い扱いをされるといわれていますから避けるべきです。一社ずつ、申込み~審査回答のサイクルを守って申し込みましょう。

とにかく、金融機関の自分に対する信用度を下げてしまうようなことは、絶対に避けなければなりません。

おまとめローンは返済専用

ちなみに、借り換え目的でおまとめ専用のローンを利用する人もいますがこれは注意も必要です。

なぜなら、おまとめローンの多くは通常のカードローンと違って返済専用になっているからです。

借り換え用の資金としてまとまった額を融資してもらい、そのお金を既存のカードローンの返済に充てた後は、ひたすら返すのみなのです。

それも、おまとめローン名目の場合、融資されるお金はおまとめローンを申し込んだ銀行Aから、既に借りている銀行Bや消費者金融Aに直接返済されますから、借りたお金が自分の手元にくることも原則ありません。

たとえ返済中にお金に困ることがあってもカードローンのように限度額内なら何度でも借入ができるという利便性がありませんから、銀行のような高額融資が可能なカードローンで借りれるだけ借りて借り換え資金にするというケースが多くあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ