カードローンの借り換えは金利何%から考えるべきか?

カードローンの借り換えをするなら金利の負担が軽くないと意味が無い

20160614113537当サイトではカードローンの借り換えに関する情報をあれこれとご紹介していますが、カードローンの借り換えを検討するには具体的に何%からが適当なのかを考えてみたいと思います。
カードローンやキャッシングなど、いわゆる個人向けの無担保融資でお金を借りている場合、金利はどうしても高めに設定されてしまいます。

大手の消費者金融の場合だと4%前後~18%、街中の貸金業者(いわゆる街金融)だと15%~20%というのが大体の相場です。クレジットカードのキャッシング枠を利用する際は手数料という名目になりますが、利率に直せば15%~18%というのが一般的なラインです。

これらの金利には幅がありますから、実際に自分がどの利率で借りているのかを確かめる必要があります。

例えば消費者金融=金利が高いという認識を持っている人がほとんどですが、消費者金融だって下限利率付近で借りているのであれば4%前後という、個人向け無担保融資としてはかなりの低金利で借りていることになりますからそうそう借り換えをする必要はなくなります。むしろ、借り換えをしないほうが良いというケースの方が多いかもしれません。

金利が15%を超えていれば借り換えを検討する余地がある

20160614113738そうは言っても、実際に消費者金融から借りている人で4%前後という利率で借りている人はあまりいないかもしれません。多くの人は最初に30万円前後の限度額が設定されてそのままだったりします。真面目に返済をしていれば限度額の増額も利率の見直し(引き下げ)もしてくれますが、そもそも順調に返済ができている人は新たに借入をすることを避けますからあまり意味のないことになっています。

どうしても借入を続けないとならない状況にある人の場合は、借入をしつつ、返済もしつつという状況になり、借入額が限度額に近づいてくると不安になり新たな家計の困窮に備えるわけです。

こうした人の中で利率が一定以上で借りている人はカードローンの借り換えを検討する余地が大きいといえます。一定といいましたが、具体的には15%あたりが一つの基準になります。なぜなら多くの銀行カードローンが上限利率を14%~15%に設定しているからです。上限利率が15%ですからどんなに高くてもそれ以上の金利をとられる心配はありません。もちろん、現状で15%の利率の人が再び15%では意味がありませんが、借り換えを検討するようなケースでは、多くの場合は借り入れ額が100万円前後、あるいはそれ以上に膨らんでしまっているはずで、そのような状況であれば、銀行カードローンの利率でも12%~13%程度にまで下げる事が可能になってきます。

さらに、当サイトでおすすめしているみずほ銀行カードローンに100万円の借り換えができれば一気に12%にまで利率を引き下げることも理論上は可能になってきます。
⇒みずほ銀行カードローンはこちら

借り換え先の金利を見る際には必ず上限金利を見ることが重要

借入額も相当あるし、利率も見なおしてみたらどこも15%以上、よし、借り換えをしよう!

と思った人、最後に注意事項があります。

それは、上限金利を必ずチェックしておくこと。

例えばジャパンネット銀行のカードローン『ネットキャッシング』の場合、低い方の金利は1.8%ですが、高い方の金利は18%です。つまり、借り換えする額によっては、18%での借り入れになる可能性があるということです。

消費者金融などの貸金業者から長年借り入れていて利率が15%程度にまで下がっている人が、ジャパンネット銀行から借りたらちょっとしか枠がもらえず、しかも18%の金利になってしまったなんていうこともあながちない話ではありません。こうなると借り換えは失敗です。

借り換えが成功するには金利が低くならなければなりません。自分が借り換えをするとして、どの程度のお金を借り入れてどの程度の利率になるかはやってみないとわからないところですから少なくとも金利は最高でも15%程度のところにしておいたほうが無難です。

借金を申し込みしただけで履歴が残る

もう一点、

細かいことはわからないけどダメ元で申し込んでみる

というのもあまり感心しません。なぜなら、こうした借金情報は、申し込みをしただけで個人信用情報機関に履歴が登録されてしまいます。

この人はいつ、どの金融機関に借金の申し込みをした

という情報が残ってしまうわけです。あちこちに借金の申し込みをしていると、それだけ借金に対する意識が低い人というレッテルを貼られやすくなります。

この人は簡単にあちこちの金融機関に借金の申し込みをしているな

と思われると良いことはありません。ルーズな印象をもたれ、審査もなかなか通りにくくなってしまいます。
適当に申し込んだけど金利もあまり低くならなかったんでもう一社・・・というのは後々借り換えがしにくくなる可能性があるので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ